2011/12/16

仕事と運動と音楽

仕事中にはよく音楽を聴いてます。

というか、
音楽を聴きながら仕事をしている場面が多いです。
集中して資料を作っている場面が多いのですが、
集中するにはイヤホンで音楽を聴くのが一番です。

以前はTM NETWAOKとかPerfumeとか
m.o.v.e.を聴くことが多かったんですね。
他にもYMOとかCACIOPEAとかのインストものもよく聴きますし、
ユーロビートとかトランスもテンションが上がるのでよく聴きます。

そこでなんですが、今はジムのレッスンで洋楽に
触れることが多くなったので、
仕事中もレッスンで使うような店舗のよい洋楽を聴くと
テンションが上がるなーと思ってました。
ところが、レッスンで使う曲のCDって非売品なんですよ。
これじゃダメジャン(by春風亭昇太)ってことで
いろいろCDを探してたんです。

そしたら、メチャメチャ良いCDを見つけました。
http://www.bravogroup.com/search/popup.php?item_id=EFF2912

レッスンプログラムの日本総代理店が、
フィットネス用のCDを扱ってました。
このCDの「Telephone」のアレンジはレッスンの曲に近いですね。
おなじレディ・ガガの「BORN THIS WAY」も入ってますし、
「VIDEO KILLED THE RADIO STAR」から「Fireworks」、
「Jump」への流れは絶妙ですね。

http://www.bravogroup.com/search/popup.php?item_id=EFF2852
これの「Just The Way You Are 」、
レッスンでは原曲に限りなく近いんですが、
このアレンジも捨て難いですね。

http://www.bravogroup.com/search/popup.php?item_id=YES10662
このCDは1曲目の「I LIKE IT」はレッスンでよく使う曲ですね。

こんなフィットネス用のCDがあるなんて嬉しすぎるということで、
早速、購入してみました。
通販の初回購入時に必要な会員登録の職業欄が、
「その他」以外はフィットネス関係者onlyだったのは
微笑ましかったです。

これで来週から仕事が楽しくなりそうです。

2011/11/24

カラオケって

難しいよね。

自分が言うのも変だけど、難しい。
何がかというと、選曲。

演歌からJ-POP、アニソンと、ジャンルの幅広さには自信あったけど、
ボカロとかサンホラは知識でさ知ってても歌ったことないなぁ。

問題は演歌・ニューミュージックの人と、ボカロ・サンホラの人が
同じ部屋にいた時にどっちを選曲の基準にするかだよね。
気にせずに好きなものを歌えば良いんだろうけど、
自分の歌う曲って両方に引っ掛からないっぽいんだよね。

今日はカラオケの奥深さを再確認しました。

2011/11/06

すごいモノを見た

この間録画した

「YELLOW MAGIC ORCHESTRA LIVE at NHK」を見た。
NHKは時々、こういうクオリティの高い音楽番組を
やってくれるから良いよねぇ。

「BEHINDE THE MASK」のProphet-5でのイントロリフなんて
もう昔のままの音で感激。
昔のままといえば、合間合間に出てくる温泉コント、
昔の「Rydeen」の演奏の時の格好のまま。
そして、坂本さん・細野さんのかみ合わないボケを
必死にまとめる幸宏さんも当時のままで、
微笑ましかったですよ。
「以心電信」なんて掛け軸まであったりして。

「COSMIC SURFIN'」とか「FIRECRACKER」も
アレンジが効いてて良かったですね。
サポートのメンバーもすごくエッジが効いているメンバーで
面白かったです。

σ(^_^)、今でもYMO聴いているんですが、
CDとは違った醍醐味を味わえました。

地上波デジタルで堪能しました。

2011/11/02

これは録画せねば

NHK、YMOのスタジオライブを11/3深夜に放送

 “温泉宿”でのスペシャルトークも?

温泉宿での「RYDEEN」というとこれを思い出します。

http://youtu.be/9OHxX7gmo8A

細野さんがぼそっと言ってるんだけど、
エレキベースで「RYDEEN」演奏するのって珍しいんですよね。
もともとシンセベースの曲ですから。

ただ、あのシーケンスフレーズ全開バリバリの原曲を
3ピースででも違和感なく演奏できちゃうのがこの人達のすごいところ。

今度のNHKもこういう演奏が聴けるのかな。

ちなみに、昔、某所で松武さんがGM音源+ミニキーボードでの
「RYDEEN」「TECHNOPOLIS」を演奏しているのを聴いて、
自分で曲を作るのを辞めました。

2011/10/20

歌姫

浜田麻里さんって、

今でも現役で歌い続けているそうですが、
この映像見ても当時からすごい歌唱力ですね。
これぞ元祖歌姫って感じすね。存在感が半端じゃないです。

さらに輪をかけてすごいのが、この映像から聞こえる音の音圧。
ベースとかドラムの低音がガンガンなっている上に、
シンセのキラキラ感もすばらしいし、ギターのドライブ感も心地よいです。

さらにこの映像で目を引くのが、赤い衣装でコーラス歌っている方ですね。
この方ですねぇ、浜田麻里さんの実の妹さんの絵里さんです。
2オクターブ半の音域を持つお姉さんに付き合って
コーラスができる人ということで、
ずっとお姉さんのコーラスをされています。
普段はバンドと同じ立ち位置でコーラスに専念してますが、
こんなにフロントに出てきた映像は初めて見ました。

この時代の音楽って本当にバラエティに富んでて良いですよね。

2011/09/20

音楽ネタ

前にも書きましたけど、

ジムのスタジオレッスンのおかげで
洋楽を聴く機会が増えました。

1年に4回、3ヶ月毎に新曲発表タイミングがあるんですけど、
バーベル系レッスンの最新のプログラムで流れている曲が
けっこうノリがよくてお気に入りです。

「Club Can't Handle Me 」とか「Just the Way You Are 」とか。

「California Gurls」とか「Young Forever 」とか。

特に「Waka Waka」って南アW杯のオフィシャルソングなんですが、
独特の横ノリのリズム感が気持ちいいですよね。
バーベル系レッスンって音楽を聴く余裕があるんで楽しいです。
「Just the Way You Are」のMVもアナログなセンスなんですが、
それが新鮮で、面白いです。

逆に、もう一つ出ている格闘系プレコリオレッスンも
よい音楽をかけてくれるんですが、コリオについていくのに一生懸命で、
あまり音を楽しむ余裕がないのが残念。

でも、音楽の途中に打撃音が入っていたり、
参加者同士でかけ声かけたりしてストレス発散にはかなりよいです。

2011/07/27

これ欲しいなぁ

カエルを演奏できる!?パペット型電子楽器「ケロミン」

さすがに今のσ(^_^)にとっては、
楽器に約5万円は出せないなぁ。

確実に相方に怒られるからなぁ。

久々に楽器やってみたくて、ZO-3とか欲しいなど思ってるんだけど、
それでも躊躇しちゃうなぁ。

1万円の「コケロミン」なら良いなぁ。

ちなみに、「大人の科学」で買ったアナログシンセとテルミンは
組み立ててもいないので、「ケロミン」買っても同じになる運命かな。

というか、楽器買うならむしろ明和電機かな。

あ、ヒトカラ用にマイクスタンドは欲しいです。

2011/07/04

久々に音楽の話

議事録が公開されるそうなので、

ここで書いても良いだろうと判断。


今日は夕方から仕事半分、個人的興味半分で、
第2回文化審議会著作権分科会法制問題小委員会を
傍聴。

具体的な内容は公開される議事録で
読むことができると思うけど、
CPRAの椎名さんが発言されてたことが
非常に印象的だった。

音楽はCDの売り上げが落ち、
著作権使用料や録音補償金の額も減り、
レコード会社が制作費を出せなくなったことにより、
レコード製作者(notレコード会社)は以前のように
新人のデビューまでの十分な準備&熟成期間を作れず、
デビューできる人を片っ端からデビューさせないと
いけない状態だそう。

最近、日本の商業音楽の質という話を良く耳にするんだけど、
このロジックは気がつかなかったです。
まだまだ勉強不足の認識不足でした。

非常に為になった時間でした。

2011/05/19

洋楽

今日は音楽の話題。

σ(^_^)の音楽って根っこが
水木一郎&堀江美都子のアニソンで、
70年代歌謡曲とか80年代アイドルポップスを経て、
そのままTM NETWORKだの小比類巻かほるだの
渡辺美里だのという
EPICソニーの邦楽を中心に聞いていたので、
実は洋楽ってほとんど聴いてない。

もちろんビートルズだのマイケルジャクソンだのという
常識的な物は聴いてるけど、
いわゆる洋楽モノってあまり聴いてない。

むしろ、仕事でジャズだのボサノバだの
レゲエだのをたくさん聴いた。
特にレゲエは、一時期コンピCDの制作とかやってたんで、
ルーツだのダンスホールだのごちゃごちゃと
700曲くらい聴いた。

そんな自分が、最近、洋楽に興味をもった。
というのも、ジムのBSFレッスンって
音楽に合わせて運動するんですけど、
その音楽が軒並み洋楽なんですよ。

こんな音楽を聴きながら
60分間ハードなスタジオレッスンをやってます。

ちなみに、1人でウォーキング・ランニングをするときには
m.o.v.e.とか聴いてます。

2011/02/15

グラミー賞を

日本人4人が獲得したことに対して思うわけよ。

4人ともクラシックピアノ・ジャズピアノ・
琴・エレキギターなわけじゃない。

いろいろ事情はあるのかも知れないけど、
それでもなお、 インストルメンタルの音楽が
評価されているというところに
アメリカの音楽文化の懐の広さに感動するよね。

自分の会社員としての仕事はさておいて、
1人の音楽好きとして思うことなんだけど、
日本ってインストの音楽に非常に厳しいし、
2000年代の商業音楽の世界では
ヤンバルクイナくらい珍しい存在。

本当に細々って感じなのがクラシックや
ジャズなどのインストルメンタル。
歌詞がないと、歌手が歌ってないと、
音楽じゃない、売れないっていうのは
現代日本人の間違った共通認識だと思う。

日本人の音楽性って根底には和太鼓や
三味線や琴もあるわけじゃん。
もちろん、詩吟や長唄や民謡もあるわけだけど。
だけど、インストルメンタルを聴くための
DNAはあるにも関わらず、
ボーカル曲じゃないと商業音楽に乗らないっていうのは
悲しいね。

カシオペアやT-Squareはあんなに素晴らしかったし、
冨田勲や喜多郎や宗次郎やYMOだって
あんなに曲を作っているのにね。
KOBAとかピアニカ前田とか栗コーダカルテットとか
S.E.N.Sとか良いよね。

今回の松本孝弘氏の受賞だって、
いきなりiTunesとかで人気出始めているけど、
インストのギター曲を聴いていた自分なんかは
氏のギターソロデビューの
アルバムから全部聴いてるわけよ。
亡くなったLOUDNESSの樋口氏がドラムで
参加している曲の頃から。

そういう意味では、自分の音楽センスって
日本の商業音楽っぽくないのかも。

より以前の記事一覧