2011/11/18

湯布院いいなぁ

【広島】マエケンらが温泉でポロリ…本音

最近、温泉行ってないなぁ。
というか、まとまった休みも8月の北海道以来とってないなぁ。
温泉浸かってのんびりしたいモノだねぇ。

湯布院って大学の時にゼミ合宿で1度行ったきりなんだけど、
地味に旅館とか高いんだよね。
そのときには別府に宿を取って、バスで昼間に観光だけした感じだった。
そのときは温泉入ってないんで、湯布院の温泉は未体験。

温泉行きたいな-。

2011/08/27

北海道旅行まとめ その4

8/24 小樽で起床。

最終日だけは特に予定を決めてなかったので、
相方と朝食を食べつつ相談。

円山動物園かおたる水族館かを天秤にかけて、
おたる水族館に決定。

そんなわけで、小樽駅前からバスで水族館へ移動。
20分ほどで到着しました。

Dscf6114

ちょうどショーの時間だということで、
アシカ・セイウチ・イルカのプールでショーを見学。

Dscf6118 Dscf6125

そのまま、今度は屋外のアザラシ・ペンギン・トドのショーを見学。

Dscf6144 Dscf6148

このおたる水族館、岬の丘の上にあるということで、
一部の屋外プールは坂をドンドン下っていく必要があるんですね。
行きは良い良い、帰りは怖いですが、
一部エスカレーターがあって助かりました。

でも、景色は非常に良いですね。

Dscf6161 Dscf6163

規模は小さい水族館ですが、半日楽しめましたよ。

夕方には小樽からそのまま新千歳に移動。
夕食をどうしようと思っていたら相方がラーメン道場の前で
止まって動かなくなってしまいました。

それじゃあということで夕食はラーメンにすることに。
昨日はスープカレーを食べることができたんですが、
今日はラーメンにありつけたわけで、

魚介類ばかりじゃなくて助かりました。
いくつも並んでいるラーメン道場のラーメン屋さんのなかで
相方がセレクトしたのが「銀波露」。

ここで相方は醤油味のバターコーンラーメン、
σ(・_・)は「ぱいくう麺」を頂きました。

Dsc_0067

相方がコーンが非常に美味しかったそうです。
ぱいくう麺はまさに肉・肉・肉って感じですね。

もちろんサッポロクラシックも頂きました。

こんな感じの3泊4日の北海道旅行、
期間中は美味しいものをたくさん食べることができて

大満足でした。やっぱり北海道は美味しいものがたくさんありますね。
今回は函館・洞爺・小樽しか行ってないですが、
根室とか釧路も美味しいものがありそうなので、

次回は道東にも行ってみたいですね。

2011/08/26

北海道旅行まとめ その3

8/23、北海道旅行3日目。

洞爺湖の朝は小雨が時々混じる曇。
洞爺湖観光ホテルの朝食バイキング、大根おろしと温野菜が美味。
イカリングかと思って食べたらオニオンリングで、皿いっぱいタマネギを食べるハメに。

道南バスで洞爺湖温泉から札幌へ。
途中、洞爺湖レイクヒルファームの前を通りかかったけど、バス停があったのね。
温泉街からタクシーで片道2500円って聞いてたので断念したんだけど、
時間が合えばバス移動って可能だったのかな。

ルスツリゾート・中山峠・定山渓を通って、3時間ほどで札幌駅前に到着。
お昼時だったので、エスタ10Fのlaviでスープカレー。
σ(・_・)は東京でもスープカレー食べたことあったんですが、
相方は初めてだそうで、ココナッツスープの角煮カレーを食べてました。
σ(・_・)はエゾシカto野菜カレーを希望したものの
品切れということで鶏ナンコツカレーでした。

今回の旅は魚介類を堪能するというコンセプトだったんですが、
胃がそろそろカレーorラーメンを欲しがっていたので、良かったです。

お昼からはJRで小樽に移動。札幌からは快速で30分ほどですが、
海沿いを走るので、景色が良いですね。

Dscf6087

小樽到着後は、駅前にある「ドーミーインPREMIUM小樽」にチェックイン。
またもチェックイン早々に、日の高いうちにまずは温泉に入浴。
函館は大浴場が最上階にあって露天風呂からの眺望が楽しめたのですが、
小樽は大浴場が2F。露天といえども塀に囲まれた状態なのが残念。

風呂から上がったら、小樽運河を観光に行きました。
小樽は町のあちこちに歴史のある建物があって面白いですね。

Dscf6092

こちらが観光スポットの小樽運河。

Dscf6094

天気が良くないので、写真自体も良くないですが、
翌日の天気が良いときに撮った写真がこちら。

Dsc_0065

確かに雰囲気があって、良いスポットです。
運河から南側はガラス細工のお店やお菓子のお店が
立ち並ぶ土産物屋街。

ここにお土産物屋さんが集中しているので、
小樽駅前にお土産物屋が少なくて翌日困りました。

さて、このお土産物屋街できになったのがこの看板。

Dsc_0059

昆布屋さんの軒先で「お父さん 預かります」ってなぜ?

こんなお店をいろいろ冷やかしていたらよい時間になりました。
今日の夕食は、この度の最大かつ最終目的地「積丹料理 ふじ鮨」。
ここの「うにちらし」が6~8月限定メニューということで、
これを食べたくて北海道に来たんです。

Dscf6112

その目的の「うにちらし」の前に、握りをいくつか注文。

Dsc_0060

写真にあるボタンエビと時鮭もトロトロで美味だったんですけど、
この後に注文したバフンウニの軍艦が超絶絶品。
これは期待できるぞということで、本命の「うにちらし」を注文。
函館の「むらかみ」の倍はあろうかという
大きな丼にいっぱいのムラサキウニ。

Dsc_0062_4

ウニ独特の甘さが口に中いっぱいに広がり、
まったく臭みがない、トロトロのウニでした。

小樽まで来た甲斐がありました。相方も大満足だったようです。

北海道旅行まとめ その2

北海道旅行2日目の8/22。

宿泊している「LA VISTA函館ベイ」は朝食も自慢の一つ。
なんでも「朝食のおいしいホテルランキング」で2年連続1位なんだそうです。
その1位のメニューがこちら。

Dsc_0031_2

イクラ・アマエビ・ホタテ・イカ・スケコ(明太子)を
自分で好きなだけのせて作る勝手丼。

そして、イカ・鮭・鰊・とうもろこし・ジャガイモなどを焼いてくれる浜焼きです。
「カツゲン」という北海道限定の乳酸菌飲料も美味しかったです。

函館駅から特急「スーパー北斗」に乗って午前中のうちに洞爺へ移動。

Dscf6061

以前に来たときよりも駅舎がきれいになった気がしました。
ただ、駅周辺にはめぼしい飲食店がなかったので、
そのまま洞爺湖温泉までバス移動。

20分で到着した洞爺湖温泉、天気が悪かったというのもあるのでしょうが、
以前に来たときよりも活気がなくなった印象を受けます。
雰囲気的にはG.W.に行った鬼怒川に似てる気がします。
やっぱり「お父さん達が会社の慰安旅行でいく場所」だった
山間の温泉は厳しいんでしょうかね。

洞爺駅から昼食場所を探して移動してきた洞爺湖温泉ですが、
町の活気を反映するかのように、ラーメン店以外のお店は軒並み非営業。
ホテルのレストランなら食べられるかもと思って、
万世閣というホテルを除いてみたんですが、

フロントもレストランも雰囲気が暗く、活気がないということで早々に退散。
おそらくこの時間営業しているお店では唯一洋食&随一と思われる
「望羊蹄」というレストランへ。

Dsc_0037 Dsc_0036

こちらのお店で相方が頼んだポテトグラタンが非常に美味しかったです。
チーズ・ポテト・ベーコンが一つ一つとても味が濃いのですが、
ホワイトソースも負けずに味が濃いので、全体的にバランスよく仕上がっいて、
相方が絶賛していました。σ(・_・)が頼んだジンギスカン鉄板焼きは
普通な感じでしたね。

Dsc_0034 Dsc_0035

お腹がいっぱいになったので、遊覧船に乗って洞爺湖観光。
以前に来たときには遊覧船に乗る余裕がなかったんですが、
今回は洞爺湖・羊蹄山・昭和新山・有珠山を満喫しましたよ。

Dsc_0039_2 Dsc_0040

さて、本日のお泊りは「洞爺湖観光ホテル」。
洞爺湖温泉街の中では一番活気があるのと、お風呂が充実しているのと、
洞爺湖ロングラン花火大会の花火が見える屋上特等席が付くというのが理由。
歴史のあるホテルなので、建物は少し古めですが、お部屋とかもきれいです。
早速、予約しておいた家族風呂へ。泉質・湯音とも非常に快適でした。
あとで大浴場の方も入りましたが、こちらも広くて快適でした。
夕食はお部屋で「夫婦膳」というコース。
釜飯やら海鮮鍋やらボイルタラバまで付いたコース。

刺身と茶碗蒸し、酢の物のサバが非常に美味しかったです。

Dsc_0041  Dsc_0044

Dsc_0047 Dsc_0049_3

食後はホテルの屋上の特別席から花火見物。
墨田川とか東京湾のように一度にたくさん上がるというわけじゃないですが、
約30分間きれいな花火を堪能することができました。
ちなみに、8月なんですが、肌寒くて、
相方は用意されたひざ掛けに包まって見てました。

2011/08/25

北海道旅行まとめ その1

8/21、7:45羽田発のJALに乗り、9:10に函館着。

あると思っていた羽田での余裕がほとんど無かったので、函館空港で朝食。
そのままバスにのって函館駅へ。ロッカーに荷物を置いてまずは五稜郭へ。
タワーの展望台から見ると夏の緑がまぶしいですね。

Dscf6003

お昼ご飯はこの旅行の第一目的地、朝市の中にある「うに むらかみ」へ。

Dsc_0008_2 Dsc_0010

この「スペシャル無添加生うに丼」、ウニがトロトロで堪えられません。
相方はウニとボタンエビの二色丼を頼んだのですが、
あまりの美味しさに感激して、うにグラタンを追加していました。
この「うに むらかみ」、朝市のハズレにある人気店らしく、
σ(^_^)はタイミングよくて並ばずに済みましたが、
後から来たお客さんは30分以上も待っていました。

食後はロッカーから荷物を回収して、宿へ。
「LA VISTA函館ベイ」。
函館山と函館港が見えるベイエリアのホテルです。

Dscf6014 Dscf6016

部屋もデラックスツインを予約していたのですが、
ずいぶん広い部屋なうえに、眺望や雰囲気がよいですね。
このホテル、ドーミーイングループとあって、お風呂と朝食には凝ってます。
そのお風呂に、アーリーチェックインで一番風呂へ。
このお風呂がですねぇ、かなりよいです。最上階13Fに大浴場があるんですが、
露天風呂がかなり充実していて、眺望が抜群です。
特に、サウナから函館駅方面が見下ろせるというのはポイント高いですね。
でも、温泉で身体を温めてからのサウナって身体には堪えますね。
お風呂上がりに、休憩所で無料のアイスを食べられるのも印象よいです。

少しまったりした後は、宿から歩いて函館山ロープウェーへ。
相方は明るいウチに登りたかったらしい函館山ですが、
函館山といえば夜景でしょということで、展望台で小一時間夜景待ち。

この時点で屋外展望台はかなり風が強くて、屋内へ退避。
屋内展望台のガラス越しに夜景を待ちました。

Dscf6032 Dscf6034_2

確かに、小一時間待ってみた甲斐がある夜景でしたよ。
東京でも夜景ってキレイなのを見ることができるんですけど、
函館の方が空気が澄んでいるのと、高い建物が少ないのと、
両方を海に挟まれている特殊な地形ということで、
キレイに見えるんでしょうね。

夕食は、函館山からほど近いお寿司屋さんを予定していたんですが、
電話をした時点で満席ということで、函館駅近くの「さかえ寿司」へ。
こちらのお店、ネタの数はそれほど多くないですけど、美味しいですね。
一通り食べてみましたが、サーモンの脂のノリが最高ですね。
ウニもむらかみの物に負けず劣らず甘みが強烈でしたし、
ボタンエビも大きい&甘くて、イカも新鮮で美味しかったです。
イカのトンビ焼きも香ばしくて美味しかったですが、
「ウニ焼き」をオーダーして、出てきたのがいわき名物「貝焼き」と
同じものだったのはちょいと落胆。
相方は非常に満足したみたいですが、
σ(^_^)的にはむらかみを10とすると8って感じでしょうね。
ちなみに、相方は気に入ったネタを繰り返し食べるタイプで、
σ(^_^)は一通りアレコレ食べてみるタイプなので、
ネタによって味に差があるとお店の評価は分かれる傾向にあります。

宿に戻って、もう一度大浴場へ。
夜の露天風呂も昼間と違った景色が見れて非常に良かったのですが、
さらによかったのが風呂上がりに湯上がり処で飲んだ缶ビール。
北海道限定の「サッポロクラシック」の缶ビールなのですが、
麦芽とホップだけで作られていて、米やコーンスターチが入っていないので、
味わいと喉ごしが極めて強烈です。
CMで喉ごし自慢しているスー○ー○ライとは比べものにならないです。
エビスと比べても味が濃くて飲み応えあります。
この「サッポロクラシック」を飲めたことが今回の旅の最大の収穫かもです。

函館の1日は美味しい海産物とビール、そして温泉を堪能しました。

2011/08/24

北海道旅行4日目

相変わらず備忘録代わりのメモです。

○おたる水族館
 この日のone & onlyな予定。
 ひそかに丸山動物園→サッポロビール園という予定もあったんですが、
 相方がアザラシが見たいと言い出して却下されました。
 アザラシだの、ペンギンだの、セイウチだのを見て半日遊びました。

Dsc_0063

Dsc_0064

 この看板、どう見ても「マリ“ソ”」ですよね!?

○新千歳→羽田
 羽田空港のD滑走路、初めて体験しました。
 東京は暑くはないけど湿気が多くてモワッとしてますね。

そんなわけで3泊4日に北海道旅行は、美味しい物をたらふく食べて、
温泉に入りまくって、無事に帰ってきました。

今週いっぱいは夫婦揃って休みを取っているので、
明日はのんびりします。

2011/08/23

北海道旅行3日目

備忘録代わりにメモです。

○laviのスープカレー
 相方はスープカレー初体験だそうです。
 ココナッツミルクベースの角煮カレーを頼んでましたが、
 非常に気に入ったみたいでした。

○小樽
 こちらも相方が非常に気に入ってました。
 静かで歴史情緒があるのと、紅茶の美味しい
 喫茶店があるからだそうです。

○ふじ鮨の「生うにちらし」
 この旅行の最大かつ最終目的がこの「生うにちらし」。

Dsc_0062

 函館の「うに むらかみ」も美味しかったですが、
 こちらのうにちらしの方が器が大きくて、
 たくさんのウニを食べられます。

 このうにちらしも美味しかったのですが、
 別で頼んだバフンウニの軍艦巻きと大ボタンエビの握りも
 大変美味でした。

2011/08/22

北海道旅行2日目

昨日と同様に、備忘録代わりにメモしておきます。

○ホテル LA VISTA の朝食
 かなり評判が高いというホテル朝食らしいものを体感。
 和洋バイキングの中から選ぶのはもちろん名物の勝手海鮮丼。
 好きなものを好きなだけのせて自分流の海鮮丼を食べられるというもの。
 今朝はイクラ・タコ・イカ・甘エビ・スケコといったラインナップ。
 これに三平汁をチョイスして食べました。
 丼いっぱいのイクラ丼でもオッケーというから太っ腹。
 地物の鮭とか野菜も美味しかったです。

Dsc_0031

○望羊蹄のポテトグラタン
 昼食に相方が注文。チーズとホワイトソースが美味しかったです。

○洞爺観光ホテルの夫婦膳
 茶碗蒸しとか刺盛り、カニ、釜飯、海鮮鍋が美味しかったです。

○洞爺湖クルージング
 洞爺湖温泉方面は曇ってましたが、羊蹄山方面は晴れてました。

Dsc_0039

明日は札幌経由で小樽に行きます。

2011/08/21

北海道旅行 1日目

例によって、詳細は後日にするとして、

今日良かった物を備忘録代わりにメモしておきます。

○「うに むらかみ」のウニ丼。
 値段の割には量はすくないけど、
 とにかくウニがトロトロで、甘味が強烈でした。

 ウニ特有の臭みやイガラっぽさが全くなくて、とにかく美味でした。
 昼過ぎにちょうどタイミングよく入店したので、待つことなく座れましたが、
 σ(・_・)の後から来た方は20分くらい待ってましたね。

Dsc_0008

○ホテル LA VISTA
 ドーミーイングループの函館ベイエリアのお店。
 デラックスツインのお部屋を取ったんですが、
 この部屋が非常に広い上に、眺望もよく、
 ツインといってもセミダブルくらいあってくつろげます。

 最上階の温泉も非常にナイスで、特にサウナからの眺望が良かったです。
 ただ、このホテルの真価は明日の朝食で図ることになるでしょう。
 なにせ、日本一の朝食のホテルだそうですから。

○サッポロクラッシクビール
 北海道限定の麦とホップだけでできたビール。
 その飲み応えたるや、飲み応えを売りにしている
 スー○ード○イでは話にならず、

 同じ麦芽&ホップonlyのエビスに比べてもかなり味が濃いです。
 居酒屋とかで何かをつまみながら飲むというよりは、
 真夏の屋外野球場で飲みたい感じです。

○ 函館山からの夜景
 夜景がきれいな函館とはいわれるものの、
 都内のサンシャイン60とか都庁から見た夜景の方が

 よっぽどキレイなはずだと思ってましたが、完敗です。
 都内だと、夜景がきれいといいつつも高層ビルがちらほら目に付くんですが、
 函館はそんなに飛びぬけて高い建物があるわけではないので、
 函館山からの夜景も平面的にクッキリ見ることができてかなりキレイです。
 また、両方を海に挟まれているというのも大きいですね。

Dsc_0025

明日は洞爺湖に行きます。

2011/08/20

明日から旅に出ます

以前に予告したように

函館・洞爺湖・小樽の3泊4日です。

今週になって夫婦揃って体調を崩してしまって、
どうなるかと心配しましたが、回復がギリギリ間に合いました。

相方が魚介類が好きなので、夏の北海道の海の幸を
存分に堪能してきたいと思います。

ちなみに、明日の函館行きの飛行機は
ちょうどよい時間が取れなかったため、

7:45のフライトとなってしまいました。
明朝は5時起きなので、そろそろ寝ます。

より以前の記事一覧