2011/11/13

Lullaby

お誘いをいただいて、

新宿のSPACE107まで舞台を見に行ってきました。

今回は「進戯団夢命クラシックス#11 Lullaby」という舞台。
殺陣バリバリの時代劇的舞台でございました。

秀吉だの家康だの、加藤清正だの石田三成だの武将がたくさん、
服部半蔵だの風魔小太郎だのの忍者もたくさん出てくる
舞台でございました。

SPACE107は結構広い箱で、舞台もそこそこの大きさの
セットが組めるくらい広いんですが、
それにしてもキャストが多い。
武将とか忍者がこんなにたくさん出て、
みんなが俳優の容姿とメイクをしてると、
戦国無双のゲームみたいでしたね。

出演された皆様、お疲れ様でした。

2010/12/04

エンジョイ・チルドレン

お誘いを頂いて

久しぶりに劇団公演を観劇。

劇団玉の湯第九回公演
「エンジョイ・チルドレン」。
ジムが終わって相方と新宿の
サニーサイドシアターに見に行ってみました。

最近こそ少なくなりましたが、
昔はけっこう劇団の公演とかには顔を出してました。
いろんな知り合いがいるもので(^^;。

この公演は面白かったですね。
というか、途中から「著作権法」とか
「盗作」ってセリフが出てくると
一気にσ(^_^)が仕事モードになっちゃいました。
乱入して仕事の話しちゃいそうになっちゃいました。

明日も公演あるんで、
ネタバレしちゃうと良くないんで、詳しく書きませんが、
終盤の展開とかみてると、
σ(^_^)の大好きな「いけちゃんとぼく」と
共通するところがあって、面白かったですね。

相方も劇団公演、嫌いじゃなさそうなんで、
今後の共通の趣味が増えました。
なによりも「いけちゃんとぼく」のDVDを
二人で見るキッカケできましたし。

そういえば、今日からサイバラさんの
旦那さん故・鴨志田穣さんの
「酔いがさめたら、うちに帰ろう」の公開が始まりましたね。
週末に相方と見に行きたい気もしますが、
まずは一人で見に行きたいかな。
絶対泣くし、これからの自分にとって「
家族とは」みたいなキーワードって
見ておく必要があると思うんですよね。

「家族とは」といえば、毎週金曜日の夜に
やってるテレビ朝日のドラマ
東野圭吾原作の「秘密」もいよいよ佳境。
これも「家族とは」というのが重要なキーワードで、
涙腺に来ます。
というか、「サラリーマン金太郎」とか「マイガール」とか。
この時間のテレビ朝日のドラマって
けっこう面白いものが多い。
月9のドラマとか一切興味持たない人間なんですけど、
この時間帯のドラマは目が離せないです。

2010/05/19

図書館

仕事で使う資料を探しに図書館へ。

昔からよく行く図書館が三つあります。

そのうちの一つ、都立日比谷図書館が
千代田区に移管されることになったので、
代わりに広尾にある都立中央図書館に
初めて行ってみました。

有栖川公園の中にある大きな図書館なのですが、
館内も明るいし、資料も探しやすいですし、
資料を複写するのも簡単で、非常に便利な図書館ですね。

館内の5Fには食堂もあり、
遠くには六本木ヒルズやミッドタウン、
近くには有栖川公園の木々の緑を見ながら食事もできます。
定食や麺類もあるし、コーヒーを飲むこともできます。
味や値段は普通の大学の学食とほぼ同じですが、
うどんとコーヒーはちょっと安めですね。
総じて、都立中央図書館の恥じないすばらしい図書館で、
楽しく調べごとができました。

ただ一つ難点なのは、
駅から図書館まで有栖川公園を抜けるのですが、
その通り道が基本的に丘を登る感じなので
坂道が辛いです。

ちなみに、お気に入りの図書館の残り二つ、
一つは永田町の国立国会図書館、
一つは馬場にある新宿区立図書館です。
国会図書館は内部に売店や食堂・喫茶店があり、
さすが国立図書館ともいうべき非常に快適な
図書館なのですが、基本的に全館閉架式なので、
資料を出してもらったり出してもらった資料を
複写してもらうのに非常に時間がかかり、
基本的に調べごとが半日作業になってしまいます。
新宿区立図書館は区立なので食堂とかはないのですが、
高田馬場から栄通りを抜けた先にあるので、
周囲に食べるところはいくらでもありますね。

久しぶりに図書館で調べごとをしたんですが、
学生時代を思い出しちゃって、
逆に仕事を忘れちゃいそうでした。

2009/08/08

東京湾大華火

本日は東京湾大華火大会の日。

最初は見に行くつもりは全くなかったんだけど、
マイミクのきょうこさんにお誘いいただいたので、
お出かけしてみました。

もちろん、行きはウォーキングです。
ちなみに、錦糸町の自宅から三つ目通りを南下。
木場のイトーヨーカドーで飲み物・食べ物を購入して、
そこから西進して豊洲を経て晴海に到着。
全行程2時間。

晴海の主会場前できょうこさん・たっくんと合流して、作戦会議。
そして開場したら猛ダッシュ。
めでたく主会場の最前列のセンターという絶好のポジションを
ゲットできました。

そんな場所からですから花火がメチャメチャ大きく見えます。
200枚くらい写真に撮ることができました。

Dscf4600  Dscf4601 Dscf4602

Dscf4604 Dscf4610 Dscf4612

Dscf4624 Dscf4630 Dscf4634

Dscf4637_2 Dscf4650 Dscf4655

Dscf4662 Dscf4672 Dscf4677

Dscf4688 Dscf4689 Dscf4700

Dscf4712 Dscf4724 Dscf4737

Dscf4757 Dscf4763 Dscf4788

Dscf4791 Dscf4799 Dscf4811

Dscf4812 Dscf4817 Dscf4815

帰りは月島でもんじゃを食べて帰ったとさ。
きょうこさん・たっくん、楽しかったよ。ありがとう!

2008/10/10

大学に行ってきた

タイトルだけみるとどっかの大学生みたいですね。

σ(^_^)は基本ダメ人間ですが、れっきとした会社員なので、
20代の学生とは違う理由で大学に行きました。

というのも、某大学で半年間の持ち回りの授業をやることになりまして、
σ(^_^)も僭越ながら12月に2回ほど講義を担当することになりました。
何日か前に「法律の神様はどうしても自分を学者にしたいらしい」と
書いたのはこれがあったからなんですね。
もちろん会社に申請して認められているので業務です。

先週はオリエンテーションだったんで出席しなかったんですが、
今週から講義に入るということでσ(^_^)も出席しました。
今日の講義のテーマがσ(^_^)の担当テーマの総論的な部分なので、
食い違った説明しないように聴講に行ったというわけですね。
久しぶりに大学の授業を聴講しましたが、
たまにはこういう刺激を受けるのも良いですねhappy01

2008/08/30

浅草サンバカーニバル

東京に来て10年になりますが、

初めてサンバカーニバル行きました。
サンバカーニバルを見に行きましたというより、
浅草にいたらたまたま出くわしたというのが正解かな(笑)。

今日は午後から一時的に晴れたじゃないですか。
雨降らないんだったら洗濯しちゃえ、出かけちゃえってことで
浅草に行ってみたら、大きな音でカーニバルやってて、
あー、今日はサンバカーニバルなんだぁって感じ。
おかげで休日の浅草は凄い人出でしたね。
ほとんどはカメラ小僧というかカメラcameraおじさんの軍団でした(笑)。
途中から大雨が降り始めて大変でしたねrain
σ(^_^)もサンバカーニバル目当てでカメラもって出かけてたら、
カメラが水没しちゃうところでしたね。
チャリンコがまるで洗車をしたようにピカピカになってました(笑)。

それにしてもサンバのリズムは楽しいですねnote

2008/06/26

間違ってない

「いいはなシーサー」で

しょこたんがお父さんの歌の話してるけど、
こういう話聞くと歌って大事だな、音楽っていいなって思いますね。
まさにCulture First、Business Secondだなって思います。
Culture Firstという取り組みに対して「権利者が文化をつぶす」と
拒否反応を示す方々が多くいることは非常によく分かります。
でも、プロ権利者と消費者やアマチュア権利者がいがみ合うと
この件で一番利益を得ている人たちが喜ぶだけになっちゃいますね。

音楽を作る人がいて聴く人がいる。

本来はそれだけの関係のはずなのに、その間に入って作品を
右から左に流すだけのはずが「俺たちはメディアだ」「音楽業界人だ」
なんて勘違いしている輩が数多くいるわけ。
そういうやつに限ってBussiness Firstでやってるから権利者が怒る。
今やらなきゃいけないのは、権利者と消費者が対立することじゃなくて、
協力してこういう音楽の「お」の字も分からないビジネスマンを
排除して文化を手に入れることなんじゃないかな。

昨日・今日と仕事絡みで会食したんですが、
自分がやってきた仕事や考え方が間違ってなかったことを確認しました。

2006/12/19

写真家 矢野建夫

報道ステーションで宮島をとりあげてました。

矢野建夫さんという方は“モーターパラグライダーを使ったハイビジョンカメラによる空撮”という一風変わった表現方法で日本の自然を撮り続けている方だそうです。その矢野さんが今回題材としたのが安芸の宮島でした。モーターパラグライダーからの超低空飛行の画像ということで、厳島神社近辺では海に落ちるんじゃないかというぐらいでしたし、弥山近辺でも山の木に当たってるんじゃないかというくらい迫力ある映像を見ることができました。それにしても綺麗でしたね。ハイビジョンカメラだからというのもあるんですが、日本の自然、そして宮島って本当に綺麗だなというのを実感しました。海にそそり立つ大鳥居もスゴイですし、厳島神社の境内も平安絵巻から飛び出したような美しさでした。特に、厳島神社近辺の海岸沿いの道とそこに植えられている松がまさに「白砂青松」という言葉がぴったりな美しさでした。

矢野さんは宮島以外にも京都や知床、白川郷などを同じようにモーターパラグライダーからの超低空飛行撮影をされているそうですが、京都の紅葉も宮島に負けないくらい綺麗でした。DVDとか無いか探してみたいです。

2006/03/25

靖国神社で演劇

サクラはまだ2分咲きくらいでした

お誘いをいただいたので靖国神社の境内特設舞台で行われた奉納演劇を観に行きました。タイトルは「流れる雲よ~未来より愛を込めて~」です。第二次世界大戦の特攻隊員達を描いたドラマでした。靖国神社での奉納演劇ということで、内容については予想していたんですけど、客層の平均年齢の高さは予想外でした。自分が普段観に行っているミュージカル等に比べると確実に倍以上はいってましたね。そんな方々にあの寒空のなかでの野外演劇鑑賞はきつかった気がします。脂肪の厚い自分でもさすがに寒いと感じましたから。でも、ステージは熱かったです。プロジェクターやサクラ吹雪を使ったりして照明や特効もかなり凝ってましたし、演出も良かったと思います。最初は時間軸の違う二つの場面がパラレルで進行していてどうなるのかハラハラしましたが、最後に二つが「ラジオ」という接点でシンクロするというのが面白かったです。こういう演出、好きです。寒空の下なのに観客席が超満員だったのも納得しました。

2005/11/23

ピーターパン

ピーターパンに関する喜劇を観てきました

お誘いを受けて劇団の公演を見に行ってきました。観客は少なかったですけど面白かったです。とくに妖精ティンカーベルが妖怪になっちゃってるのが面白かったです。1日限りの公演というのが非常に惜しいです。もう一回みたいですね。

より以前の記事一覧