« 今日はなんとか乗り切った | トップページ | 今日の夕飯 »

2011/09/12

F1 イタリアGP

直線4つをコーナーでつなぎ、

最高速は320km/hになるイタリア・モンツァ。
メカニカル・ダウンフォースがあって、エンジンパワーがあって、
KERSが正常に作動するマクラーレンが絶対優位といわれていて、
ハミルトンも「1-2フィニッシュできる」って言ってたね。

ところが、蓋を開けるとポールポジションはベッテル。
ハミルトンはセカンドローどまり。
地上波解説の森脇さんによると、ベッテルはギア比とかダウンフォースで
最高に攻めたマシンをセッティングしてきていて、完璧だったんだそう。
それに比べてハミルトンは若干リアウイングを立てたコンサバティブマシン。
予選ではたった1つの差だったんだけど、決勝ではとてつもなく大きな差。
なにせスタート直後からベッテルはぐんぐん後続を離していく。
対するハミルトンはスタートで順位を落とし、気がつけば前はシューマッハ。
このシューマッハをハミルトンは全く抜けないまま周回を重ねる。
荒々しく攻めるドライビングのハミルトンだけど、
百戦錬磨で史上最高の勝利数を誇るシューマッハから見れば若造。
バトンはハミルトンとシューマッハを1発で抜いていったのに、
ハミルトンは延々とシューマッハの後を追いかけるのみ。

マクラーレンの1-2フィニッシュどころか、
バトンは2位なのにハミルトンは結局4位。

しかも、ウェーバーがリタイアしたの、ポイントランキングの2位が交代。
ベッテル・アロンソと続いているけど、ハミルトンってどこへ?

さて、可夢偉は予選の失敗から決勝はスタートから仕掛けて、
一次は上位に顔を出すまで行ってたのに、
ギアボックストラブルでリタイアしたのがもったいなかったね。

« 今日はなんとか乗り切った | トップページ | 今日の夕飯 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103885/53741227

この記事へのトラックバック一覧です: F1 イタリアGP:

« 今日はなんとか乗り切った | トップページ | 今日の夕飯 »