« お酒はねぇ | トップページ | 未だバブルの後遺症 »

2011/05/30

F1 モナコGP

今年もやってきました

世界三大カーレースの一つ、第69回モナコGP。

今年のモナコは、ツイスティーで狭くて抜けないモンテカルロの
公道コースに対して、KERSとDRSがどう影響するかということ。

結果からいえば、今年のモナコは今までのモナコとは違った。
モナコの抜きどころといえば、トンネルからヌーベルシケインと
アントニーノーズからサンデボーテまでの2箇所。

ところが、今年はローズヘアピンでインを攻めてゴツゴツやってたね。
まぁ、シュー&ニコも当たってたし、ハミルトンなんか無謀だったね。
加えて、ピレリが持ち込んだタイヤがソフトとスーパーソフト。
これをどう使って何回ピットストップするかが鍵でしたね。

そして、これをうまく使って好結果を出したのがベッテルと可夢偉。
特に可夢偉は最後の最後でウェーバーに抜かれたけど、
途中までは表彰台も狙えるような走りで5位フィニッシュ。
ウェーバーとのバトルは抜かれたといえ、熱い走りだったね。
ハミルトンは可夢偉の後ろで6位。だけど、終始良いところなしでしたね。

« お酒はねぇ | トップページ | 未だバブルの後遺症 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103885/52702887

この記事へのトラックバック一覧です: F1 モナコGP:

« お酒はねぇ | トップページ | 未だバブルの後遺症 »