« 通りかかったよ | トップページ | ダイエットは大変だね »

2011/01/07

家庭の味

実家で年末年始を過ごした相方が

お礼の手紙を書くんだそうな。

家庭の味を習いたいって書くんだそうだけど、
その家庭の味というのは母親の味? σ(^_^)の味?

σ(^_^)、好きでけっこう料理するんだけど、
母親の味とけっこう違うんだよね。
習ってない訳じゃなくて、
習う前に独学でアレコレ作っちゃう。

今回、味と作り方が決定的に違うなと感じたのが
「鮎の炊き込みご飯」。

鮎は父親が毎年夏にたくさん釣るので、
ウチの実家ではメジャーな素材。
σ(^_^)の場合、出汁でご飯を炊いて、
白焼きした鮎の身をほぐして、
最後に炊き込みご飯と鮎の身を混ぜるやり方。

母親の場合、鮎を三枚おろしにして、
身と骨を分け、 昆布と鮎の骨・頭をご飯に入れて
出汁にし、分けた身も刻んで、
焼かずに一緒に炊きあげちゃう。

σ(^_^)のやり方だとスッキリキリリって感じに仕上がるし、
母親のやり方だと濃厚かつフックラって感じに仕上がる。
鰻の関西風・関東風の違いに似ているかな。

相方が受け継ぐ鮎ご飯のレシピはどっちなんでしょうね?

ちなみに、ウチの両親の場合、すき焼きの作り方が両親で違う。
父親は割り下で煮込む関東風、
母親は肉を焼く関西風なんだよね。

« 通りかかったよ | トップページ | ダイエットは大変だね »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103885/51523678

この記事へのトラックバック一覧です: 家庭の味:

« 通りかかったよ | トップページ | ダイエットは大変だね »