« ここのところ | トップページ | この言葉を贈ろう »

2009/03/19

音を楽しむと書いて

音楽と読むわけで、

楽しく泣ければ音楽じゃない!
でも、最近は楽しくない音楽が多いのも事実。

そんなことを思うきっかけになったのが↓この動画
<object width="425" height="344"><param name="movie" value="http://www.youtube.com/v/hlrK8Ogvn_A&hl=ja&fs=1"></param><param name="allowFullScreen" value="true"></param><param name="allowscriptaccess" value="always"></param><embed src="http://www.youtube.com/v/hlrK8Ogvn_A&hl=ja&fs=1" type="application/x-shockwave-flash" allowscriptaccess="always" allowfullscreen="true" width="425" height="344"></embed></object>

遊佐未森さんって清楚とかおとなしいっていうイメージ強いんですが、
このライブ映像の遊佐さんはすごく楽しそう。
バンドメンバーやコーラスの方々もとても楽しそう。

この頃のソニー系の女性ボーカルって好きなんですよねぇ。

PSY・Sとか
<object width="425" height="344"><param name="movie" value="http://www.youtube.com/v/bDBdEael-Rg&hl=ja&fs=1"></param><param name="allowFullScreen" value="true"></param><param name="allowscriptaccess" value="always"></param><embed src="http://www.youtube.com/v/bDBdEael-Rg&hl=ja&fs=1" type="application/x-shockwave-flash" allowscriptaccess="always" allowfullscreen="true" width="425" height="344"></embed></object>

小比類巻かほるとかPRINCESS PRINCESSもそうだよね。

ソニーとかビクターとかテイチクとかのレコード会社って
オーディオハードを売るための音楽ソフトという位置づけだったので、
良い音で良い音楽を聴いてもらうということに一生懸命だったよね。
大らかな時代だったとおもうけど、今の音楽業界はこのころの
「音を楽しむ」という音楽を取り戻さなきゃいけないんじゃないの。
「売れる音楽」じゃなくて「楽しい音楽」をさ。

« ここのところ | トップページ | この言葉を贈ろう »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音を楽しむと書いて:

« ここのところ | トップページ | この言葉を贈ろう »