« ザクとは違うのだよ、ザクとは。 | トップページ | 食えないからねぇ »

2008/07/26

食えないからねぇ

「末は博士も就職難」、修了者の25%が「浪人」 (読売新聞)

何を隠そう、σ(^_^)も大学院博士課程満期退学なんで、
この調査のカウントに入っているっぽいですが、
たしかに博士課程修了しても仕事はないですねぇ。

とくに研究職は未だに徒弟制度の色合いが強く残っているので、
指導教授が退官されるなどでポストに空きが出ない限りは
常勤の研究職は難しいですよね。
σ(^_^)と同じ研究室にいた人たちはみんな今でも非常勤講師を
続けていますよね。

σ(^_^)の場合、研究生活に希望が見えなかったことと
親に約束した博士課程3年という期間が経過してしまったんで、
とりあえず生活のために就職して今に至っています。
途中で一度、大学の指導教授が退官されるということで、
その後任として九州の某大学の常勤講師のお話をいただいたんですが、
その時σ(^_^)はすでに一般のサラリーマンやってたわけで、
提示された給与水準が平サラリーマンの給与からも
かなり開きがあったのでお断りしてしまったことがありました。

今はその大学院で研究していたことを役立てて仕事してますが、
今の仕事に比べると学術研究職というのは封建的で保守的ですね。
σ(^_^)の場合、新しい著作権のあり方を研究したくて、
わりと実務寄りな研究ビジョンを持っていたんですが、
指導教授から提示されたのは伝統的な海外文献の研究してたね。
σ(^_^)の実務的な研究テーマは関心を持ってもらえなかったのですが、
実務の現場でいろいろ活動をしていると、そのときの研究テーマのことで
今になって企業が困ってるという相談を受けたりしています。

まぁ、そういう意味でもσ(^_^)は社会に出て良かったと思います。

« ザクとは違うのだよ、ザクとは。 | トップページ | 食えないからねぇ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103885/41988768

この記事へのトラックバック一覧です: 食えないからねぇ:

« ザクとは違うのだよ、ザクとは。 | トップページ | 食えないからねぇ »