« DVD全員集合 | トップページ | とりあえずムカつき中 »

2008/07/17

「着うた」シフトで成功した音楽制作会社・コンテンツ?

NIKKEI NETのIT+PLUSに今日出ていた記事なんですが…、

「全体としては音楽コンテンツの市場は緩やかながら
拡大する傾向にあると思われる。CDの落ち込みをネットが
うまくカバーしているというように読み取れる。」
http://it.nikkei.co.jp/business/news/index.aspx?n=MMITac000016072008

そうかぁ?(?_?) 

記事を書いている人は会計士の方なんで、
決算書の金額の数字しか見てないからだと思うんですが、
σ(^_^)の感覚とは正反対な感じだなぁ。

音楽配信会社には大まかに2つのカテゴリーがあって、
一つはレコード会社などの権利者側がやってるサイト。
もう一つはもともとコンテンツプロバイダーだった会社。
前者は権利は持っているけど、サイト運営に新たに人材を雇用して
人件費が大きな負担になる。
後者は当然権利を持ってなくて、コンテンツを借りて配信するので、
高いロイヤリティを支払う原価が負担になる。

そんなわけで、ITとか音楽配信は儲かるとかいわれますが、
ぜ~ったいそんなことないですから。

新譜の配信だけに目を向ければ成功しているイメージがあるけど、
実際には80年代とかそれ以前の旧譜も需要がある。
ところが、古い曲には配信に関して取り決めた契約がなく、
レコード会社も一から作詞家・作曲家・アーティストと交渉しなきゃ
いけないんだけど、そんなスキルを持っている人も多くはいない。

というわけで、配信業界で今一番求められている人材は、
法律の知識と音楽の知識の両方を持っていて、
自分で交渉して契約を締結できるような人ですね。

« DVD全員集合 | トップページ | とりあえずムカつき中 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103885/41930838

この記事へのトラックバック一覧です: 「着うた」シフトで成功した音楽制作会社・コンテンツ?:

« DVD全員集合 | トップページ | とりあえずムカつき中 »