« F1 トルコGP | トップページ | ルイスかわいいよルイス »

2008/05/13

iモードの社会的意義

NTTドコモの

ミスターiモードといわれた夏野氏がドコモを退社したそう。
その夏野氏が、退社する直前に語ったコメントにあったのこの言葉。

「iモードという世界最先端のサービスを提供してきたが、
当初は上場企業を生むようなベンチャー的なサービスが多く、
いわゆるお金儲けのインフラだった。社会的意義は遅れがちになるが、
やっとこういう使い方をしていただけるようになったと非常に
うれしく思っている」

「魂トレ!」という教育サイトのオープンのコメントだったんですが、
携帯というとベンチャーが金儲けをするためという感じありますね。
実際に創業者が会社を大きくして株式公開でお金稼ぐというのが
ITバブル時代のセレブ社長だったりしたわけですし、
そういう会社は仕事をしてても売上・利益最優先なわけで、
とにかく「金」「金」っていう感じですよね。
夏野氏が言われるように金目的でコンテンツやるのは間違ってますね。

今の会社はそんな感じないので心安らかに仕事してます(笑)。

« F1 トルコGP | トップページ | ルイスかわいいよルイス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103885/41250801

この記事へのトラックバック一覧です: iモードの社会的意義:

« F1 トルコGP | トップページ | ルイスかわいいよルイス »