« また負けた | トップページ | やっと勝った »

2007/07/12

中国の肉まん

北京の露店で売られている肉まんで中身の多くが食べ物ではなくて
苛性ソーダに浸した段ボールだという事例が摘発されたそうです。
その露店の店主がインタビューに答えてましたが、インチキをする理由は
「コストカット」「安く作って高く売る」「商売が儲かればそれでいい」ってこと。
あれ?同じような台詞をどこかで聞いたことある気がします。
それで「商売人だ」「ビジネスだ」なんていっている人がいますが、
その人がやっていることは北京の段ボール肉まんの店主と同じですね。

« また負けた | トップページ | やっと勝った »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103885/15740346

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の肉まん:

« また負けた | トップページ | やっと勝った »