« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006/10/31

大盛堂書店

本店が閉店してました

昔から渋谷で法律書を買うとしたら必ず大盛堂書店本店だったんです。新宿は紀伊国屋があるし、池袋はジュンク堂できたし、吉祥寺はパルコブックセンターとさかえ書店、秋葉原は書泉、丸の内は丸善と、各ターミナル駅には法律書を豊富に扱っている書店があるものですが、渋谷の場合はそれが大盛堂書店本店だったんですね。よく4Fの法律専門書コーナーで買い物しました。同じフロアのエスカレーター付近には会社四季報とかもおいたあったと思います。その貴重な大盛堂書店本店がことしの6月末に閉店したんだそうです。大変残念です。仕方なくパルコブックセンターまで足を伸ばしてみましたが、やはり大盛堂に比べると法律専門書は品薄だと感じました。これも一つの流れなんでしょうかね。

2006/10/30

ねだめ

カンタービレじゃないです。

よく「睡眠は規則正しくとるべき、寝だめは良くない」といわれます。睡眠がただ寝るだけという行為ならそれでも良いと思いますが、自分の場合、規則正しく睡眠をとろうものなら疲れがとれずにボロボロになるでしょうね。もともと睡眠が浅い上に無呼吸症候群の兆候があるわけで、でも平日は仕事が忙しいので4時間程度しか睡眠とれません。そして、平日の睡眠でとれない疲れを休日にとるわけです。そんなわけで、自分は寝だめ&昼寝推進派です。

2006/10/27

秋の高尾山&温泉

紅葉を見に行ったつもりだったんですけど

ちょこっと早かったですね。山頂の紅葉はまだ青々としていました。残念でした。また来月あたりに来ましょう。それにしても前回は6号路を上って1号路を降りたので、今回は1号路から上ってみました。1号路ってケーブルカー山頂駅から上は平らなところが多くて楽なのに、ケーブルカーの駅までが坂がきついですね。舗装した道路だからと甘く見てたら山頂駅に着くまでに筋肉痛になってしまいました。山頂駅から山頂までは薬王院の階段を乗り切ればすぐなわけで、あとは楽チンでしたね。山頂は平日ということで人も少なかったです、紅葉も少なかったですけど。山頂の見晴茶屋でナメコソバ&おでん&缶ビールで昼食。そばはかなりの太麺でしたが、出汁が田舎そば風なのでこれはこれで美味しかったです。それにしても外で飲むビールは美味しいですね。
帰りは高尾駅近くの「八王子健康ランドふろっぴぃ」に寄りました。夏に高尾山登ったときに近くに温泉があったら良いなと思ったんですけど、今回見つけたのがこの「ふろっぴぃ」です。高尾駅から送迎バスも出てるし、お風呂も天然温泉あり・サウナ有りだし、レストルームは全席テレビ付きだし、食事どころは4つもあるしということで、非常によいですね。うっかりすると丸一日遊べちゃう感じですね。しかも平日は入館料1200円とバカ安なのか良いですね。焼肉屋スペースもあって食べてみようかと思ったりもしましたが、おとなしく冷麺&梅サワーにしました。山登りの疲れも吹っ飛びました。

2006/10/26

そろそろ

秋旅行の概要が固まりつつあります。

去年は日光に日帰り旅行しましたが、今年の秋旅行は信州・長野&松本です。テーマは新ソバとさくら鍋を腹一杯食べ、ついでにローメンを初体験するってことですね。もちろん、上高地の紅葉も見に行きます。いつもだったらY氏と2人旅なんですが、今回から元上司のK氏も加わって3人旅です。車で1泊なので楽々旅なのですが、とにかく楽しみです。いつものように美味しい地元居酒屋の料理を食べて温泉に浸かってきたいです。

2006/10/24

緑の芝生を走れ

東出。

なんでも阪神がトレードで東出の獲得を検討しているそうです。情報元はスポニチ大阪版ですね(http://www.sponichi.co.jp/osaka/base/200610/24/base198812.html)。なんでも、今岡の復帰の目処が立たず、関本が3塁にまわってしまったために藤本が2塁を守っているんですが、そこに東出を入れようということらしいですね。

無理です!!というか、ダメです!!

いつからぼくらのカープは阪神の2軍になったんでしょうね。金本・シーツと持って行かれ、今オフは黒田をFAで獲得しようとし、今度は東出ですか。そのうち阪神のレギュラーは全員カープ出身ってことになったりするんですかね。

今期の東出は2塁手としてレギュラーに定着し、夏前には確変して打撃も3割を超え、ルーキーの梵とコンビで長年の懸案だった二遊間を一年を通して安定させた陰の立て役者なわけです。それをFAならともなくトレードでカープが放出するとは思えませんね。もしトレードするなら阪神は誰を出すつもりでしょうね。藤川・久保田とは言わないまでも、江草・安藤・桟原・能見あたりじゃないと釣り合わない気がします。東出でもそのクラスを必要とするのですから、黒田をFAでとった場合の人的保証はやはり藤川・久保田が求められんでしょうね。

そもそも黒田を4年13億円で獲得するというのも、金銭補償を考えたら15億円以上が必要なわけで、経営統合したり、新規参入の30億円を値切ったりしているのに15億円も払えるんでしょうかね。金本も宣言残留するっていっているので、当然お金かかりますし。そう考えると、金本の「生涯縦縞宣言!でもFAは宣言するよ。」という態度はどうなんでしょうね。「生涯縦縞」なんていうなら宣言しなければ尊敬されるとおもいますが、大きなことを言いつつ宣言残留するというはお金なんでしょうね。やはり金本は広島から移籍する運命だったんでしょうね。

黒田のFAは分かりませんし、願うしかないんですが、東出のトレードはないでしょう。

2006/10/23

シューミ ラストGP

4位完走ですか…。

表彰台に上って欲しかったですね。頑張っていましたがフィジケラを抜いたあたりのホームストレートあたりで左リアがパンク、そのままピットまでまるまる1週をバーストしたタイヤでスロー走行したおかげで最後尾まで落ちました。そこから驚異的な追い上げを見せましたが、バトン・アロンソまで届かずに4位でF1現役引退となってしまいました。前回の日本GPからツキのないままのラストランでしたね。お疲れ様でした。
逆にスーパーアグリはまたも2台完走。しかも、琢磨は今期最高位の10位フィニッシュ。当面のライバルといわれていたスパイカー(ミッドランド)どころかトロロッソやレッドブルより速いペースで周回して上位フィニッシュ。ポイント獲得まであと少しと言うところでした。バーレーンの開幕戦グリッドにマシンを並べられただけでも奇跡といわれたのに、最終戦ではライバルを大きく上回るというのは本当に奇跡続きのスーパーアグリの最後の奇跡ですね。もっとも、琢磨も亜久里さんもマーク・プレストンもみんなある程度自信があったんだとは思いますね。SA06Bの元となったアロウズA23というのは本当にすばらしい設計思想のマシンでしたね。来季のスーパーアグリのマシンはまたA23ベースなんでしょうか、全くの新設計なんでしょうか。これからのオフシーズンはニューマシンの開発が非常に楽しみです。

2006/10/22

相性

というのは前世までの行いの結果

なんだそうです。一回り近く年下の女性に伺った話なんですけど、思わず納得してしまいました。人間って、1人1人相性の良いこと悪いことって違うじゃないですか。例えば、自分の仕事で関わりある人なんですけど、何も言わなくてもツーカーみたいに通じる人がいて、生き別れの兄弟じゃないかと思ったりします。その人はきっと自分の前世でも非常によい仕事仲間だったんだそうです。逆に、自分がどこに行っても出会うタイプで、なのに絶対にウマが合わない人間もいるんですけど、それはきっと、その人たちに共通する特徴を持った人と前世でやはりトラブルを起こしていたんだそうです。そのタイプの人とは前世どころかそのまた前世でもさらに前世でもトラブっていたかも知れないんだそうです。だから、前世からの業なので、そのタイプの人とは絶対に上手くいかないし、でもどこに行っても出会ってしまうんだそうです。また、相性というのは決して人間関係だけでなく、土地や職業や行動パターンなどでもあるそうです。同じことをある場所でやってもどうしても上手くいかないのに、別の土地でやると驚くほど上手くいくというのがこれだそうです。こういう風に考えると、悩み事があってもそれはどんなに努力しても上手くいかないわけで、環境を変えて上手くいく相性を模索するというのが非常にポジティブに思えますね。良い話を聞いたと思いました。

2006/10/21

焼肉パーティー

会社のレセプションらしき企画でHi360001_1

新宿の遊玄亭(「ゆう」の字がでない)で焼肉パーティーでした。ロースとカルビとカニが美味かったですねぇ。特にロースはとろけるような美味でしたね。今度は自腹で行きたいと思いますが、その時には「ガッツリ食べるモード」じゃなくて「タップリ楽しみながら食べるモード」で行くと思います。Hi360002

2006/10/20

最近

邦画が元気な気がします

仕事で外部の方と打ち合わせしたときにそんな話になりました。ちょっと前まで俳優・女優というとドラマが中心で、映画のキャストというとよほどの大物か新人かという傾向があった気がしますが、今年に入ってからは実力のある演技派の俳優・女優が腰を据えて映画作りに取り組んでいる気がします。上野樹里とかその代表みたいな気がしますね。映画自体を見ても少し前までは洋画が中心だったのですが、半流ブームを経て邦画に回帰している感じもありますね。

2006/10/17

今期最終戦

市民球場で対中日戦

ラジオ観戦でした。しかもRCCのネットラジオ。便利な時代になりましたね。本当は定時に帰宅してウチでCS見たかったんですが、ウチの会社でそんなことができるわけもなく…。
今日は本当に話題満載の最終戦でしたね。中日川相の最終公式戦もあり、ダグラス最終先発、前田HR含む4安打、梵復活、東出マルチ、新井100打点、そして浅井引退・最終打席安打、黒田リリーフ登板。去年の最終戦は野村謙二郎引退試合で市民球場が満員になりましたけど、今日も負けず劣らずでしたね。特に浅井が最終打席でヒットを打ったことが非常にすばらしいです。浅井本人も泣いてましたし、前田も広池も、スタンドのお母さんも泣いていたみたいですね。本当にお疲れ様でした。今後は浅井2世を育ててチームの底上げをお願いしたいです。
あと、黒田の登板については14日に一度スルーされたこともあっていろいろ言われていますが、自分は良かったと思いますよ。キャッチャーも石原を変えて倉にしたのも良しでしょう。FAで移籍するかどうかは黒田自身の問題ですし、今は白紙だと言ってるので、とやかく言う問題ではないでしょう。でも、あれだけのお膳立てをしてお別れ登板になったら広島&ブラウン監督はとんだお人好しになっちゃいますね。黒田の移籍については阪神&デイリースポーツが移籍を前提に話をしていて、ニッカンが「監督の話は聞きました」と書いているのを「『監督の話は聞きましたが…』と困惑顔だった」と書いていましたね。そのニッカンでさえ、今日の朝刊で佐々岡引退なんてガセ記事書いてました。本当にいい加減な記事が多いですね。鈴衛戦力外は本当でしたが。で、その黒田投手に自分が言いたいのは一言、「あなたの背負っている背番号と、今日あなたがブルペンから出るときに見たはずのプレート、その想いだけは裏切らないでください。」ということですね。自分は市民球場のマウンドで背番号15が胴上げされる場面をもう一度みたいです。

2006/10/13

秋のお届け物

061012_20410002 実家から毎年恒例の松茸が

送られてきました。毎年毎年ありがとうございます。大きいのが一つ、中くらいが二つ届きました。大きい方は例年に比べると小さいですけど、それでも一般的に店頭に並んでいる松茸よりは大きいですね。割り箸を隣に置いて写真を撮ってみましたが、ほぼ割り箸の長さと同じくらいの大きさですね。松茸といえば炭火焼き・ご飯・土瓶蒸しが有名ですけど、ウチの実家ではHi360001鍋物やすき焼きに入れて食べるのがメジャーです。特にすき焼きの甘辛の割り下でさっと煮てやると非常に美味しいです。今日のタイミングで届いたので、週末に食べようと思います。ちなみに炊飯器で松茸ご飯を炊くと炊飯器に松茸の匂いが残って、1週間くらいは白飯炊いても松茸ご飯風味が味わえます(笑)。

2006/10/11

錦糸町小町食堂

で夕ご飯を食べてみました。

このお店、錦糸町駅の北口から自宅までの間に看板が見えてて気になっていたんです。今日はたまたま晩ご飯を食べずに帰ってきたので、良い機会だから寄ってみました。見た目はやよい軒orめしや丼みたいですけど、中はショーケースにおかずが一品ずつ並んでいて、お盆に好きなだけとるタイプの定食屋ですね。ビールや梅酒などのお酒もあるようです。サラダ、揚げ物、炒め物、刺身、焼き魚、漬け物などけっこう種類はたくさんありました。自分が選んだのはカキフライ・鮪ブツ・冷やしトマト・わかめの酢の物ですね、これにライスの中と味噌汁を付けて\980でした。ちょっと高めですね。あと、カキフライを店員さんがレンジで温めてくれたのですが、付け合わせのレモンやキャベツまで一緒に温かくなったのはマイナスでした。味は普通の定食屋ですね。財布に優しい分だけやよい軒の方が良い気がしました。松屋or吉野家はもっと財布に優しいですけど。24時間開いていて、お酒が出てくるというので、定食屋というよりはさくら水産に近い感じがしました。気が向いたらまた行ってみようというレベルですね。061011_23230001

プロ野球観戦 追伸

先だって…

「人生最後の日に食べたいものは何?」というネタがありましたが、自分の回答は決まりました。広島市民球場の「むさしのむすび弁当」+「カープうどん(肉)」+「カープ坊やのぶっかき氷」でファイナルアンサーです。これに神宮の馴染みの子から買う一番搾り生ビールと広島・本通りの「あまんじゃく」のお好み焼きがあればより完璧です。自分が広島生まれでカープファンだからということに理由の大半がありますが、それを差し引いても「むさしのむすび弁当」+「カープうどん(肉)」+「カープ坊やのぶっかき氷」は最強です。カープうどんはきつね・天ぷら・肉と試しましたが、肉うどんが一番説得力があります。ちなみに他でも肉うどんを食べてみましたが、カープうどんが一番です。「むさしのむすび弁当」については語るだけ野暮です。本当に広島生まれ&カープファンで良かったです。

2006/10/10

関東最終戦@神宮

仕事を休んで行ってきました

今年多くの試合を見た神宮球場へ。やっぱり神宮は良いですよね。見やすいし、外野席の席数が多いし、売店が多いし、ビールの売り子も多いし、ジェット風船とばせるし。関東では一番お気に入りですね。太鼓持ち込み禁止なので、応援がずれやすいという点だけハマスタに負けますが。今年、神宮でのカープは負け越してますが、それでもお気に入りの球場です。
さて、今日の試合、5回に先発小島が打たれて交代。リリーフした大竹が火にジェット燃料を注ぐ結果に。2人で11安打打たれて10点を献上。この時点で勝負ありましたね。5回の表までは良い感じだったんですけどね。それにしても、2軍から上がってきて3試合目の小島が打たれることはある程度想定していたものの、リリーフした大竹は今年先発をやる前はクローザーも経験しているわけで、この結果は非常に情けない。多分、ブラウン監督は中継ぎの適正テストと思って登板させたのでしょうけど、これでは先発も中継ぎも失格ですね。今年のカープは大竹といい、長谷川といい、横山といい、高橋といい、先発が頑張った後のセットアッパーが試合を作れずに、そのまま試合試合を壊すことが多いですね。猛省してもらいたいです。今日の試合は広瀬・山田が評価をあげて来年の外野手のレギュラー争いが楽しみになった一方で、井生と大竹はチームでもファンでも大きく評価を下げましたね。井生はライトフライを捕球できなかったのは仕方なしとしても、9回2死から一番ファンが盛り上がるチャンステーマを1コーラス分も保たせられられなかったのは個人的には罪が大きいです。
試合後はカープ選手のサインボール投げで盛り上がった後、昨日のハマスタのように今日はヤクファンとエールを交換して、応援団と盛り上がって、今期の自分の観戦日程を終了しました。応援団の方数人に直接お礼を言えたし、一番印象に残っているリードの人にもお礼を言って「来年もヨロシク!」と握手できたのが感激しました。

最後に、今年は今までの人生で一番多く球場に足を運びました。半年間、負けた試合の方が多いですが、大変楽しいシーズンでした。初めて選手全員の応援歌を覚えて歌いきって応援しまくったシーズンでした。選手の皆さん・球団の皆さん、ありがとうございました。快く休みを取らせてくれた会社の同僚たち、ありがとうございました。毎回毎回盛り上げてくれた応援団の方々、ありがとうございました。1人観戦なのに一緒に盛り上がってくれた周りのファンの方々、ありがとうございました。広島ファンでもないのに観戦につきあってくれて、ついには広島遠征までさせてしまったY氏、ありがとうございました。セリーグで唯一中日戦を観戦してませんでしたが、阪神・巨人・ヤクルト・横浜の選手とファンの皆様、ありがとうございました。そして、各球場の売店の皆さん・売り子の皆さん(特に神宮球場で馴染みになった一番搾りサーバーの方)、ありがとうございました。自分が半年間楽しく観戦できたのは皆さんのおかげです。また来年、必ず球場でお会いしましょう。ありがとう、ありがとう…。また来シーズンまでサヨウナラ(^_^)/~~。

2006/10/08

万永引退試合@ハマスタ最終戦

休日で外野自由席が無料ということで

行ってみました。先発が長谷川だったので最初から多くは期待してませんでした。レフト外野席の入場待ち列に「ライト側はスゴイ人数で並べないから」という理由で並んでいた人たちに一泡吹かせられればという気持ちでしたね。順位も決まってますし。そもそも今日は横浜のホームゲーム最終戦で万永の引退試合なので、ハマファンもカプファンも消化試合らしく気持ちよい試合ができればOKでした。予想通り長谷川が被弾して負けました。カープも良く粘ったんですけどね。2回の村田のホームランが余計だったんですけど、4回にピッチャーの三浦にタイムリー三塁打打たれた時点であきらめがつきました。討ち取って当たり前のピッチャーに3塁打打たれるんですから救いようがないですね。むしろ、広瀬と前田がタイムリー打って良く反撃したというべきですね。1番の東出が打てないうえにチャンス潰すし、新井も犠牲フライで1打点あげたと言っても全くタイミングが合わずに打ててない状態ですから。
試合後はホーム最終戦ということで横浜の選手が一列に並んでファンに挨拶。今年で大任の牛島監督と引退の万永選手が挨拶してました。応援団同士もエールの交換をしました。カプファンが万永の応援歌歌ったりしたのにはうるっときましたね。試合は負けましたけど早起きして行ってみて良かったです。

日本GP@ラスト鈴鹿

まさかあんな結末になるとは…

本日は神宮球場に出かける前に自宅でF1日本GPをテレビ観戦。昨日みたいにワンセグで見ても良いんですけど、決勝だし、ラスト鈴鹿だし、場合によってはシューマッハのタイトル決定だしってことで自宅で観戦。フジテレビが制作費1億円使ったらしくたしかに豪華な番組でしたけど、ゲスト多すぎ。解説の森脇・片山右京・近藤マッチに中嶋さん・永井・山田優くらいで良かった気がする。明らかにいらない部品が混じっていた。まぁ毎年のことなんで気にしませんが。
で、レース内容の方はスタートしてからちょこっとしてフロントスタートのシューマッハとポールスタートのマッサが入れ替わってこのままフェラーリ独走かと思ったら、1回目のピットストップ後にマッサがハイドフェルドに捕まって、その間にアロンソが逆転。シューマッハとアロンソは5秒差を保ちつつ直接対決。しかし、F1の女神は引退を決めたシューマッハよりも史上最年少王者のアロンソに微笑みました。ことし1回もトラブルを起こさなかったフェラーリエンジンがこの大事なGPでブロー。シューマッハはそのままリタイヤしてノーポイント。2位だったアロンソはそのままトップでチェッカーを受け、相性の悪かった鈴鹿で初優勝。これで最終戦のブラジルを残してアロンソがタイトルに逆王手。ブラジルでシューマッハが優勝してアロンソが0ptでないかぎり、アロンソのタイトル獲得になってしまいますね。最後の鈴鹿だし、シューマッハのラスト2戦だしということで勝たせてあげたかったです。あ、われらがSUPER AGURIは前回の上海で夢と消えた琢磨&左近の同時完走を鈴鹿というここ一番の舞台で達成。琢磨は今年のベストリザルトでしたね。オメッ!

2006/10/07

広瀬で勝ち@神宮

今日は気持ちの良い勝ち

家でF1@ラスト鈴鹿を見届けてから神宮に移動。神宮は近くて良いですよね。今日の広島の先発は怪我から復帰2戦目のダグラス。非常によいピッチングでしたね。残留して来年は怪我なく好成績をあげて欲しいです。ダグラスはやはり病み上がりということで3回からは広池。4回をロングリリーフしましたが、今日は良い方の広池で2安打ピッチングでした。しかし、3番手の横山が打たれました。昨日の林と同じく2軍の試合が終了したので1軍に上がってきた横山ですが、昨日林が打たれているので、いやな予感がしたんです。その予感が的中。宮出に3ランHRを浴びてしまいました。1回に森笠のタイムリーで2点、5回の石原のHRで1点の計3点をとっていたので、この時点ではまだ同点で、逆転された昨日とは違いますが、広島ファンは昨日の悪夢が頭をよぎりました。「また今日も負けかぁ…」。そんなあきらめムードでしたが、そのムードを一変させたのが8回の広瀬の2点タイムリーでした。その後に石原の内野ゴロの間に1点、そして代打緒方のタイムリーで合計4点とって、最後を梅津が締めて何とか勝ちました。よかったです。
あーそういえば、馴染みのビールの売り子の子は最終戦もビール売るのか聞き忘れました。負けた日も勝った日も今年一年の神宮野球観戦が非常に楽しかったのはこの子の存在が大きいので一言お礼を言いたかったです。

河内と倉で負け@神宮

徹夜明けで一睡してから12:00起床

13:00に神宮に着で外野席の入場列に並ぶも人数少なくかなり前の方。やっぱり早すぎましたね。なんでこんなに早く到着したかというと、13:30からF1日本GP@ラスト鈴鹿の予選がテレビで中継されるんですけど、それを家で見るか神宮@ワンセグで見るか迷った上で神宮で見ることにしたからです。ポールポジションはマッサ、シューマッハはフロントローでしたね。
さて、そんなこんなの神宮球場ですが、いつものごとく大学野球のために開門が遅れます。開門したのは17:00前でした。カープの選手がバスで到着してましたがグラウンドが開いてないということで軟式野球場で試合前の練習してましたね。バッティング練習ができなさそうでちょっとかわいそうでした。そんなカープの先発は前回の初登板で好投した斎藤。今日も期待通りのピッチングでしたね。来年のローテ入りが楽しみです。それに引き替えダメダメだったのは河内と倉。自分の中では評価高かった2選手ですが、河内は7回途中から登板して全くストライクが入らない体たらく。7回は打ち損じてもらって助かりましたが、8回は1死も取れず2連続四球で交代。変わった林がラミレスをファールフライに打ち取ったかと思ったら倉が落球。そして次の球で逆転ホームランを打たれてしまいます。河内が四球ださずにちゃんと投げてたら、倉がファールフライをちゃんと捕っていたら、間違いなく勝っていた試合でした。9回はチャンテで盛り上がりましたが点が取れずそのまま終了。斎藤が7回に降板したのもセンターフライを山田が目測誤ってヒットにしてしまったからですし、守備のミスから負けてしまう非常に悪い負け方でしたね。

2006/10/06

ロッテアイス爽

ロッテアイス爽

の巨峰ヨーグルト味が
非常に美味でハマっています。爽はバニラといい巨峰ヨーグルトといい、美味しいですよね。

2006/10/04

ケーブルテレビ

さくらケーブルテレビがJ:COMすみだに

変わってテレビのチャンネルも昨日から変わりました。このチャンネルの並び懐かしいですね。練馬区に住んでいたときにはケーブルがJ:COMだったんですが、その時とほぼ同じチャンネル番号ですね。練馬の時は2年くらいケーブルテレビ加入していて、墨田区に引っ越したときに解約してさくらケーブルに切り替えたんですが、微妙にチャンネルが違ってて違和感があったものです(例えばファミリー劇場はJ:COMが45ch、さくらが48ch)。これからは昔の記憶をよみがえらせながらテレビを見たいと思います。JNNニュースバードがないのだけが残念。

2006/10/02

中国GPはシューマッハの勝ち

力尽きて寝てしまってました

テレビで観戦中に寝てしまって気が付いたらレース終わってました。シューマッハが勝ったみたいですね。これでシューマッハとアロンソが同点で来週の鈴鹿に望むわけですね。今年の日本GPは鈴鹿ラストイヤーでシューマッハラスト2戦でチャンピオン同点でスーパーアグリ&HONDAと見所いっぱいですね。日曜日が楽しみです。

2006/10/01

新人斉藤で勝ち

昨日に続いてやっぱり行くべきでした

今日は会社の同僚の結婚式二次会に出席したのでやはりドームは欠席。新人の斉藤が小島みたいな堂々デビューを飾るか、残念デビューになるか興味津々だったんですが、前者でしたね。左の先発がいない広島にとっては来年のローテーション入りが楽しみな新人がまた1人出てきたという感じです。来年の広島の先発ローテは黒田・大竹・ダグラス・長谷川・小島・斉藤・佐々岡と非常に楽しみですね。もちろん黒田は残留すると思ってます。これに河内・広池・ベイル・青木・梅津といったセットアッパーが入って、ストッパーは永川ですね。良い感じになってきました。赤ハンカチ王子の斉藤は期待できます。
一方で戦力外の選手も発表されてましたね。天野・玉山・苫米地・飯田と福井ですか。それにロマノが退団→帰国で、浅井も移籍か引退かという感じみたいです。天野とか苫米地とかは一軍経験がありますし、福井も浅井も代打や守備で活躍した選手なので惜しいですね。これからの活躍を祈りたいと思います。

最後に一言、ドームのビジター応援席ってなんじゃありゃ?関東の広島戦といえば神宮もハマスタもレフトスタンドはいっぱいで、ホームチームのファンより人数が多いこともあるくらいですが、なぜに「ビジター応援席」を設けて人数を絞る?ビジター応援席に入りきらない広島ファンがいる一方で、他の外野席に空席がチラホラあるのは本末転倒だと思うぞ。

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »