« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006/08/29

ドイツビール

ジャーマンファームグリル渋谷という060829_20490001_2

渋谷の道玄坂上にあるドイツ料理屋さんに行ってみました。以前からずっと気になっていたお店だったりします。実は学生時代にドイツを旅行した際に、ドイツビールの美味しさに感動して、特にラドラーというレモネード風味のビールが日本で飲めるお店がないかと探し続けて見つけたのがこのお店です。満を持して今回行ってみたのですが、肝心のラドラーは輸入が止まっているということで飲めず終いでした。それでも他にもたくさんの銘柄のドイツビールがあり、目盛りが付いているドイツビール特有のグラスで飲めたりしてかなり楽しめました。自分はデュンケルタイプのビールを飲んだのですが、これがまた非常に甘みがあり、香ばしい美味しいビールでした。フードもオムレツや生ハムサラダなど非常に美味しかったです。ヴァイスブルストは粒マスタードよりミュンヘン風の甘いマスタードで食べたかったですけど。非常に落ち着けるレストランなので足繁く通ってみたいです。

2006/08/25

夏の広島旅行その4

本日は呉の大和ミュージアムへDscf2328 

行ってみました。Y氏もこういうモノには非常に興味を持つようです。その大和ミュージアムはJR呉駅から歩道を歩き、ショッピングセンターを抜けた中央桟橋の手前にありました。なんといっても外に展示してある艦砲の大きさに驚くのですが、これは大和より一回り小さい長門型2番艦陸奥のDscf2327主砲の41センチ砲だそうです。陸奥といえば、山口県の周防大島の陸奥記念館に副砲が展示してありましたが、主砲はここにあったんですね。すごい大 松戸のガンダムミュージアムのRX-78みたいなモノですね。大和ミュージアムは戦前から戦中の呉の様子、造船技術の発達などが展示してあり、さらに呉の海軍工廠で作られた数多くの軍艦の模型などが展示さDscf2321れていました。空母・赤城や伊402潜も呉で作られたんですね。また、軍艦ではないですが、ゼロ戦や回天も展示されていました。非常に大きな博物館で見応えがありました。順路の最後におみやげ売店があるのも博物館らしくて良いですね。ミュージアムの沖合には現役の護衛艦(今は練習艦)のしまゆきが停泊しているのが見えました。広島県というのは平和記念公園と大和ミュージアムが併存しているおもしろい土地ですよね。060825_13390001

さて、大和ミュージアムを見終えてから、JRで尾道まで足をのばそうと思ったんですけど、JRの接続が悪いのと、思ったより遠くて、飛行機の時間に間に合うか不安だったので、広島駅まで戻っておみやげ散策することにしました。で、お昼ご飯はもちろんお好み焼きなのですが、広島駅新幹060825_13430001 線口のあのお店に入ってないなと思い、行ってみることにしました。そう、広島駅新幹線口でお好み焼きといえば「高砂○」ですね。ここはおたふくソース&極細麺のお好み焼きで、となりの「みっちゃん総本店」にも味で負けてないのですが、それにもまして一年中焼き牡蠣が食べられるというすばらしいお店です。当然今回も「肉そばセット(焼き牡蠣2個付き)」をオーダー。前回食べたときには夢中で食べてしまい、食べた後の殻しか写真に撮れませんでしたが、今回はバッチリ写真に納めました。このぷりぷりの牡蠣を皆様にもお届けしたいと思います。

最後までお好み焼き+牡蠣という広島名物を堪能しまくり、おみやげを買って、飛行機で広島を後にしました。カープも3連勝したし、夏の広島は異常に暑いですけど、暑く、熱く、厚く、アツい想い出になりました。

2006/08/24

夏の広島旅行その3

今日は宮島&錦帯橋観光Dscf2225

Y氏がどうしても行ってみたいということで、自分のほぼ地元の宮島&モロ地元の錦帯橋に行ってみました。ホテルから広電の路面電車で宮島口まで行き、そこから松大フェリーで宮島まで。Y氏は厳島神社を生でみたかったんだそうです。かなり感動してました。厳島神社だけで満足したというDscf2274 ことで、フェリーで宮島口まで戻りました。「うえの」でアナゴ飯のお昼を食べようと思ったんですけど、込んでいてかなり時間が掛かりそうだったので、宮島口駅でアナゴ飯のお弁当を調達し、岩国へ向かいました。岩国駅からバスで錦帯橋へ向かい、錦帯橋の橋のたもとで岩国寿司を調達。先ほどのアナゴ飯と合わせてお昼ご飯にしました。それにしても山口県は時の流れがゆっくりでスローライフなところですね。Dscf2279

さて、岩国から西広島まで戻り、広電で原爆ドーム前まで行って、今日も市民球場でカープ戦です。今日は内野自由席にしてみました。外野席も近かったですけど、内野席も選手までの 距離が近いですね。観戦のおともは今日も「むさしのおむすび」+「カープうどん」。「カープうどん」は内野Dscf2283も外野も同じ味ですね。昨日は天ぷらうどんだったので、今日は肉うどんにしてみました。これが一番「カープうどん」な気がします。「むさしのおむすび」+「カープうどん」の組み合わせはもういうことないですね。黄金コンビです。それにしても、周りを見回しても、ほとんどのお客さんがうどんを食べてます。年齢・性別に関係なく、みんながうどんを食べてます。カープDscf2297 うどん恐るべし。

試合の方は、今日は先発が黒田と安藤ということで、カープが勝てるだろうと踏んでいたのですが、その黒田が調子悪くて大苦戦。初回に1点ずつとったもののそこからランナーを出しながらも押させるという我慢のピッチDscf2298 ング。6回に阪神が1点追加したときには黒田の出来と安藤の出来を比べて負けを覚悟したんですが、8回に前田が売った瞬間に入るとわかるきれいな2ランホームランを打って逆転し、そのまま黒田が完投して3連勝。打った瞬間、前田の打撃には神が宿っていましたね。これで苦手の阪神に3連勝。この3戦、佐々岡・大竹・黒田の先発でしたがいずれも逆転勝ちで強い勝ち方をしました。広島まで観に行って良かったです。

試合後は今日も「ちょこっと屋」。やはりこのお店は美味しいし、落ち着きますね。次回からも広島に寄るときには是非顔を出したいお店です。Dscf2306

2006/08/23

夏の広島旅行その2

   小学生並みの日記まとめ書きです060823_10380001_1

というのも、昨日は実家に泊まったんですけど、今日からY氏が合流してホテル泊なんですね。そのホテルがPCの充電ができないので、後からまとめ書きしてます。

さて、本日よりY氏が合流。昨日自分が乗ってきた飛行機と同じ便に乗ってきて10:00に広島駅で合流。いきなりお好み焼きが食べたいというので 10:30まで待って、ASSE2階の「老松」で1食目。Y氏もせっかくの「老松」なDscf2116のでカキ入りをたべるのかと思えば、「カキはあまり好きじゃない」ということで、肉そば玉。「老松」はいつまでたっても変わらない味ですね。
そこから電車で移動して、市民球場へ。スポーツ新聞で外野席の席取りをしてから、原爆ドームと平和公園へ。初めて訪れたY氏はけっこうショックを受けていたみたいでした。そこから本通りを歩いてお好み村まで行060823_13370001_1 き、「村長のお店」で昼食の肉玉そばイカ天。ここはサンフーズソースのお店ですね。広島のお好み焼きはソースが4種類(おたふく・カープ・サンフーズ・センナリ)あって、「お好み村」は全部の店でサンフーズのソースを使っています。味の方は鰹節や魚粉の味が強いですね。まぁ、これはこれでアリだとおもいます。

おなかがいっぱいになったので腹ごなしに少し歩いて、我らカープファンの聖地・カルピオDscf2131へY氏を案内しました。ここはカープの黄金時代の写真やユニフォームが数多く展示されていて、観戦前にてんしょんをあげるにはちょうど良い場所なんですよね。もちろん、我々もテンションをあげて市民球場へ向かいました。そのまえにY氏の希望で広島城にも寄ってみましたけど。

Y氏にとっDscf2137ては初の広島市民球場。やはり狭さ&選手との距離の近さにビックリしてまし た。そうですよね、前の方の座席はエキサイティングシートでなくても選手と同じ目線ですからね。そんな初市民球場に驚いているY氏に市民球場グルメの王道、「むさしのむすび」+「カープうどん」(+「あまんじゃくのお好み焼き」)を経験してもらいました。飲みに行くと必ずおむすびをオーダーするくらいおむすび好きのY氏ですが、「むさしのむすび」にはさすがにDscf2143脱帽だそうです。自分も久しぶりにむすび+カープうどんの組み合わせを体験しましたが、美味しかったですねー。試合も非常に美味しい&白熱した展開で良かったですね。先発の大竹がいつものようにアップアップしてたんですが、ブラウン監督が活を入れて、入れすぎて退場になった後の各ピッチャーの気合いの入った投球や、嶋の2HRがすごかったですね。快勝でした。060824_00510001

ちなみに、試合後は宿の近くにある「ちょこっと屋」というお店で飲んでました。このお店は今回の旅の中で絶対行こうと思っていたお店で、160種類 の広島の地酒と広島の地元の美味が味わえるお店です。お通しに「いりこ」が出てくるのもこのお店の特色です。日本酒の仕込み水をチェイサーにしながら、様々な地酒を楽しむことができました。店員さんも店長をはじめとしてみんな気さくな人ばかりですごく気に入りました。最初に行くには場所が少しわかりにくいですが、一度行くと病みつきになるお店ですね。

2006/08/22

夏の広島旅行その1

今年の夏旅行は広島です

いつもの旅行仲間のY氏が「去年は岡山だったから、今年は広島にしようよ。カープとお好み焼きツアー」と言い出したので、今回の夏旅行は広島です。ちなみに言い出しっぺのY氏は仕事がどうしても空かないということで明日から合流で、自分だけが本日から広島入り。そういう自分も休みを取るために昨日まとめて仕事をしたので、家に帰り着いたのは夜中。そこから荷造りして、仮眠をとって、4:30PMにウチを出発。都営浅草線の本所吾妻橋駅まで歩いて、羽田行きの始発に乗りました。羽田からはANAのB747-400に乗り爆睡。広島空港に着いたら広島駅行きのリムジンバスに乗り換えてまた爆睡。そんなこんなでほとんど移動の記憶もないまま10:00AMに広島駅新幹線口に到着。あれこれと時間をつぶした後、ASSEの2Fの「麗ちゃん2号店」で最初のお好み焼きの肉そばイカ天。麗ちゃんはカープソースなんですな。美味しいけど、あっさりしすぎていて大食漢のオイラには少し物足りないかも。
そこから市電に乗ってさっそく市民球場へ。ちょうど1:00PMごろだったんですけど、ウェスタンの対ソフトバンク戦をやっていて、人がけっこういました。なかには球場正面で1軍選手の入り待ちをしている人もいたので、自分も混ざってみました。入り待ちなんていつ以来でしょうね。懐かしかったです。
選手の入りを見届け終わった頃に突然雷が鳴って大雨が降り始めました。あーこりゃ試合は中止かなという気がしたので、せめて試合気分を味わおうと、歩いて八丁堀まで移動してカルピオへ行ってみました。ここはカープの歴史博物館&グッズ売り場です。山本浩二や衣笠のロッカールームが再現されていたり、市民球場の旧スコアボードが展示されていたりして、かなりノスタルジーに浸ってしまいました。ここは癖になりそうです。
カルピオを出ると雨がやんでいたので、これは試合やるかもということで再度市民球場へ。あー開門が遅れますけど、試合はやるようですね。ここで食べ慣れたサンモール地下の「あまんじゃく」の肉玉そばをGETしてから外野席に入場。あー、市民球場に来るのはは小学生以来ですけど、ここはいつ来ても良いですね。席から選手までの距離が近くて、ボールの行方が見やすくて興奮しました。試合の方はカープが佐々岡-石原のバッテリーということで負けを覚悟していたんですが、嶋のHRをきっかけに一気に3点とったのと、梵の2点タイムリー三塁打で4点差をひっくり返しての大逆転勝利。ライト側スタンドはメチャメチャ盛り上がりました。本当に来て良かったです。

そんなこんなで、今日は一人なので、実家で一泊。

2006/08/20

石原で負け@ハマスタ

3暴投で3失点とは

いかなるものなんでしょう?この日の石原はせっかくヒットを打っても前田が本塁憤死、1死満塁からとんでもないボールを空振り三振。守ってはロマノが危険球退場、ロマノ・マルテ・広池と3投手の暴投で3点を献上。これがなければ3-3の同点のはずなのですが…。石原もそろそろレギュラーが危なくなってきましたね。同僚の倉は前の日、センターでトレーニング中の各ピッチャーのところへ行ってこまめに声をかけていたのを見かけましたが、石原のそういう場面って見たことないんですよね。打撃は大したことない達川が正捕手になれたのは、ある年の日南キャンプで休日に巨人の宮崎キャンプを見学に行ったところ、「達川が巨人のキャンプに偵察に行った」とチーム内で噂になって、それからピッチャーが信頼してくれるようになったということがあるそうです。倉は達川の40番を受け継いだキャッチャーらしく、ピッチャーに信頼を得られている気がしますけど、石原はどうなんでしょうね。ピッチャー3人がみんな暴投するってことはピッチャーじゃなくてキャッチャーに問題ある気がします。

2006/08/19

横山で負け@ハマスタ

メガホンは投げるものではありません

昨日は黒田-永川-梅津で勝ったぼくらのカープですが、今日の先発は今季初先発のフェリシアーノ。前回見たときには1回をピシャリと抑えたので、まぁ3回くらい抑えてくれれば勝てるかなといった感じでした。対する横浜の先発はベバリン。不安定な両外国人ピッチャーの先発なので最初から乱打戦の良そうでした。広島は新井・前田の連続アーチなの2回までに6得点でベバリンをノックアウト。フェリシアーノはバックのファインプレーに助けられてフラフラながらも4回まで投げきった感じでした。ところが、スタンドからわれわれが見てもヤバイかんじなのに、なぜか5回も交代なしでマウンドに上がって、ノーアウトのまま連打を食らってそのまま降板。代わった横山・高橋建も打たれて敗戦。しかもただ負けただけなら良いのですが、8回にノーアウト1・2塁とイケイケの場面で代打の緒方が打ち上げた大レフトフライを、レフトの小池が捕球しようとした瞬間に白いレフトスタンドからメガホンを投げ込んだ奴がいました。ただでさえスタンドからグラウンドに物を投げ込む行為は禁止されているのに、インプレー中に守備を妨害するなど言語道断です。しかも、小池と多村がその行為に不快感をあらわにすると、今度はグレーのメガホンが投げ入れられました。最初の白メガホンはアクシデントで落下したのかと思ってましたが、2個目のグレーは完全に故意です。白とグレーが1個ずつということは同一人物でしょうか。センター方向からユニフォームを着た男一人が両軍ファンから帰れコースを浴び、警備員に連れられて出て行きました。これでイケイケだった広島ファンも気まずくなり、それ以降応援に身が入らなくなりました。結局、広島は追い上げたものの敗戦。試合終了後に自分の上のほうに座席からもう1回メガホンが投げられました。単なる負けなら納得も行きますが、監督の投手交代ミス・高橋建炎上・メガホンで進行妨害と非常に後味の悪い試合でした。

2006/08/18

永川で勝ち@ハマスタ

仕事を早退してハマスタに駆けつけました

本当は午後休だったんですけど、そんな時間に自分が抜けられるはずもなく…。ハマスタについたら17:00ちょい前でした。今日は外野自由席なので、良い席をとるためにも早めに到着したかったんですけど、実際に到着したのはこんな時間。ただ、平日のナイターなので、試合開始当初は空いてましたね。実はハマスタの外野席って初めてで、これまでずっと外野席だったんです。内野はゆっくり見れてそれはそれで快適なのですが、応援団が遠くてリードが聞き取れなかったり、外野ほど騒げなかったりということなので、今回は3日とも外野自由席にしてみました。外野席は売店が少なくてちょっと寂しかったです。あと、ハマスタまでスライリーが出張してきてました。プロ野球のマスコットなのにラグビーボールを持っているのがへんな感じでしたね。それと、ラッキーセブンの「それ行けカープ」が応援団の演奏じゃなくて、ちゃんと曲がかかってましたけど、応援団の関東式の早い「それ行けカープ」に慣れている観客は太鼓や曲とメガホンが合ってませんでした。
試合のほうは黒田が先発だったので勝つだろうとは思ってましたが、広島打線が横浜先発の那須野の前に残塁の山を築いて、9回まで8安打で、得点は新井のHRの1点だけ。たしかに新井のHRはレフト最上段に入るすばらしいHRでしたけど、そのほかが拙攻・拙攻の繰り返し。黒田は3安打のすばらしいピッチングしてたのに。で、1-1で延長戦。ここでよく分からないのが、横浜は同点の10回からクルーンが登板。次の回が7番の相川からの打順なので代打になるんでしょうけど、同点で1回限定でクルーン。サヨナラを見込める打順でもないので「?」って感じでした。ところが、その裏は広島が永川が登板。次の攻撃が7番の井生からなのでこちらも1回限定。両チーム押さえのエースを中継ぎに使ってましたね。そんななか12回の表に倉がポテンヒットで出塁。代走・松本が盗塁した後、代打・森笠がヒットで続いて1アウト1-3塁。ここで1番東出が犠牲フライをうって待望の追加点。2番の梵がさらにタイムリーを打って3-1。この状況でレフトスタンドは総立ちの大興奮状態でした。自分も声を枯らして「宮島さん」を熱唱してました。その裏は、梅津がすばらしいピッチングで締めて広島が勝ちました。梅津、久しぶりに見ましたけど、すいずん安定感が増したように感じました。ヒーローインタビューは東出でしたけど、本当のヒーローは黒田と梅津な気がしました。
さあ、あすもハマスタ行きますよ。先発は大島かフェリシアーノか広池かって感じですね。ローテの谷間なので苦しいですけど、勝てるといいなって感じです。

うどん

冷たいうどんのおいしい季節です060816_18000002_1

昨日も今日も昼食はうどんを食べました。昨日は恵比寿の「さぬきうどん」で「冷やしおろしうどん」でした。「さぬきうどん」って前は錦糸町駅にもあってよくおろしうどんを食べていたんですが。錦糸町の店がなくなったあとは恵比寿に来たときにはよく立ち寄ります。「冷やしおろしうどん」はうどんに大根おろしが乗って、レモンを絞って、生醤油で食べる食べ方です。本当は「すだちうどん」が食べたかったのですが、この夏はメニューに無いようなので「冷やしおろしうどん」にしました。おろしうどんも好きですよ。大根おろしに醤油をかけて、たっぷりの鰹節をかけて。これにカイワレ大根060817_16260002_1があれば言うことないですね。美味しく頂きました。そして、今日はなか卯で「すだちうどんセット」。やっぱり暑い時期はすだちうどんがサッパリして最高です。去年の岡山で食べた「すだちうどん」が一番で、そのあまりの美味しさに翌日も同じうどんやでまた「すだちうどん」を朝食で食べたというくらい美味しかったです。ちなみに、「すだちうどん」につかう酢橘は新鮮で果汁が多くてよく冷えていたほうがうどんに絞って生醤油をたらしたときに非常にしっくり来ると思います。東京で食べる「すだちうどん」は運が悪いとカスカスな酢橘が出て来ます。幸い、今日食べた「すだちうどん」セットの酢橘はまぁまぁでした。写真は牛丼がついた「すだちうどんセット」。非常にリーズナブルです。

2006/08/15

ブラウンvs落合

大問題になってますね

ことの発端は日曜日の巨人戦終了後にブラウン監督が「巨人とヤクルト以外のチームはフェアではない。サインを盗んだり、故障者を調べたり、とんでもないことをしている」(要約)と言ったのが月曜日から対戦を控えている中日の落合監督批判として伝わったから。落合監督も答えて「ルールの中で認められていることをやっている。根も葉もないことをいうなら告訴する。」(これも要約)と返したというのがことの成り行きですな。結局、広島の球団代表が「中日のことじゃないですよ。紛らわしいことを言って混乱させて申し訳ない。」(これまた要約)と謝罪したことで落ち着いたんですけど、ネット上では広島ファンと中日ファンが大論争して、そこに阪神ファンや巨人ファンが絡んできてたいへんな騒ぎでした。
まぁさして根拠のないのにパフォーマンスともいえるような発言をしたブラウン監督ブラウン監督で悪いですけど、スポーツ新聞の煽り記事を真に受けて頭に血が上り、言うに事欠いて「ルールで認められている範囲だからOK」というホリエモンの時間外取引の正当化と同じことを言った落合監督も落合監督ですよね。落合監督がアンフェアなことをしていたかどうかは分かりませんが、語るに落ちたという印象はやはりあります。とりあえず、広島側が謝罪して当面の解決は見たわけですが、モヤモヤ感は残りますね。最近は阪神・矢野の退場とか、巨人・二岡のデッドボールとか、審判の判定も釈然としないものが多いですね。

2006/08/14

首都大停電

朝の通勤時間を直撃しました

家を出るときは停電なんてしてなかったんですけど、10分弱歩いて駅まで行ったら半蔵門線が見事に止まってました。その時にはJRも止まっていたんで、そりゃしょーがねーべと腹を決めて遅刻することにしてたんですけど、なんと携帯がつながらない&メールが送信できない。いつもだったら半蔵門線のホームでも携帯がつながるポイントがあるんですけど、どこまで行っても繋がらないんです。仕方なく地上に出て会社に連絡したんですが、そのタイミングでJRが動き始めたんで、そっちに乗り換えて出勤しました。いつもなら半蔵門線で寝ながら行くことが日課だったりするんですけど、JRだと寝られないんですよね。お茶の水と新宿で細かく乗り継ぐ必要があるんで。それにしてもスゴイ混乱ぶりでしたね。旧江戸川でクレーン船が送電線を引っかけたのが原因だそうですけど、久々に大事故ってかんじでしたね。テレビもL字放送を久しぶりに見ました。

2006/08/13

今日は負け

まぁこんなこともあるのがプロ野球

安易に連勝とか求めちゃいけませんね。120勝しなきゃいけないチームは別として。途中まで良いかなと思ったら5点とられてあぼーんですな。まぁ最終回に2点とったので明日に繋がる試合になったということで良しとしましょう。

2006/08/12

建さんで勝ち

東京湾大花火大会が中止になったので

午後からマンガ読んだりゲームしたりしてゴロゴロしてましたが、雷もゴロゴロとスゴイ音がしてましたね。そのうちに眠ってしまい、起きたら夜9時ぐらいでした。テレビ付けてG+にチャンネル変えたら広島vs巨人戦やってました。9回表2-2で高橋建が投げてたので負けかなと思ったら、建さんがピシャッと抑えてました。やればできるじゃん、建さん。そして9回裏、前田がヒット、栗原が四球でノーアウト1・2塁。森笠の3塁方向の送りバントをピッチャーの久保が楽々3塁をアウトにできるのになぜか遠い2塁におくって二塁フォースアウト。1アウトランナー1・3塁から打てない石原が久保を強襲するヒットでサヨナラになってしまいました。うーん、打たれる建さんが抑えて、打てない石原が打つと勝てるんですね。横浜戦・阪神戦でもこんな試合をお願いします。

2006/08/11

黒田で勝ち

ぼくらのカープは広島市民球場で巨人戦

本当はY氏と広島旅行して、この試合を見てるはずだったんですけど、新幹線も飛行機も球場も混むから避けたんですよね。黒田が投げて2-1で勝つんだったらやっぱり見に行きたかったですね。しかもその2点が森笠の2ランとなれば余計に見たかったですね。そういえば、黒田がピッチャーゴロを右手で取りに行って、ボールを掴めなくて、負傷交代したということなんですが、大丈夫なんでしょうか?来週は横浜戦@ハマスタと阪神戦@市民球場へ行くので、6戦で黒田が2勝とか考えていたんで心配です。
さてさて、これで巨人は再び広島に抜かれて5位に転落したわけですが、世の中には「巨人は勝つことが義務づけられている」と言ってはばからない巨人至上主義のオジサンがいますが、5位という現状をどう思っているんでしょうかね?6・7月にあれだけ負けて首位どころかBクラスに転落して6位が見えているのをどう思っているんでしょうかね。普通の親父が酒呑んでクダ巻いて巨人巨人というのなら許せますが、テレビの電波使って巨人巨人といっている人に訊いてみたいですね。

2006/08/09

オヤジ勘違い

亀田親父が生放送

に出演してガッツ石松&やくみつると大激論。挙げ句の果てに「ケンカするから表へ出ろ!」と声を荒げたり怒りのあまりスタジオから退出したりしてましたね。テレビ朝日でスタジオ途中退出といえばテレビタックルの田嶋陽子vs嵐山光三郎を思い出しますね。亀田親父も続きはテレビタックルで是非やってもらいたいと思います。で、一夜明けて今朝のテレビ朝日では「大反響!してやったり!」みたいな感じで前日の放送が取りあげられたスポーツ新聞各紙を誇らしげに見せてましたね。さすがにそれを見たときにはもう放置しておけばよいのにと思いましたね。話題の人を出演させて、批判にしろ賞賛にしろやってみるのはよいのですがあれでは批判が批判にあっていなく、むしろバッシングをすることによって露出を増やしているだけになっています。あと、FAXとかメールで「親父良くやった!」とか「亀田はチャンピオンなんだから文句言うな!」なんて意見が届いたと紹介されてましたが、少なくともあの試合に関してはマスコミがこぞって「微妙判定」として取りあげて国民の多くが首をひねっていたはずで、亀田を賞賛する意見は少なかった気がするんですが、どこから亀田をチャンピオンと認める意見が出てきてるんですかね?

2006/08/07

HONDA初優勝

大荒れのハンガリーGPを制したのは

優勝が遠くて遠くて一生無理じゃないかと思われたHONDAのジェンソン・バトンでした。ライコネンがクラッシュで、アロンソがトラブルで消えた後、誰がトップに立つのかと思ったら「アリエネー」と思ってたバトンでした。タイヤ選択もバッチリ決まって、いままでコンサバティブ作戦の固まりだったHONDAがビックリするような勝ち方でしたね。確かにビックリするくらいの偶然の重なりなんですけど。

2006/08/05

氷室京介+GLAY

味の素スタジアムへ

ライブを見に行ってきました。お世話になっている方にチケットを頂いたので、夕方から出かけてみました。味の素スタジアムって新しくてきれいな会場ですね。サッカーはテレビで見る程度なので、サッカースタジアムって初めて行きました。スタンドも高くて見やすいですし、アリーナもずいぶん人が入れますね。そういえば、今年はa-nationもここの会場でしたっけ。すごい広さなので、3万人くらいは楽に入りそうです。
さて、ライブのほうはGLAYが最初に出てきて「SOUL LOVE」「HOWEVER」などを熱演。会場がみんな両手を挙げてすごい盛り上がりです。HISASHIもギターをいろいろ変えてて楽しめました。10曲ほど演奏してから今度はステージが回転して氷室さんのバンドセットが登場しました。こんな盆周り、ドリフ以来見ました。氷室さんのライブを観るのは1年半前の代々木のクリスマスライブ以来なのですが、相変わらず熱い熱いライブですね。ペットボトルを2本持ち込んでいたんですが、氷室さんのステージ中に飲み干してしまいました。さすがカリスマです。その氷室さんのステージも10曲ほどで終了。これが終わったらいよいよ氷室京介+GLAYのステージです。先日、テレビでコラボ楽曲を歌ってましたが、ついにあの曲を歌うんですね。いやーこれも熱い熱いステージでした。ずいぶん息の合ったステージでした。ところが、2曲を歌い終わったところでメンバーが引っ込んでしまいました。観客としては当然アンコールを求めるわけですけど、すぐに客電がついて場内アナウンスが流れました。客席は「え?これで終わりなの?なんでアンコールないの?」という感じで消化不良っぽい雰囲気がいっぱいでした。もう1曲くらい聴きたかったですね。

2006/08/04

wktkな日々

今週のハンガリーグランプリ

今日の午後のフリー走行で琢磨が非常に良いタイムを出しました。新車SA06は非常に琢磨に合っているようですね。明日の予選・明後日の決勝にむけていやがおうにもワクワクテカテカします。今回はミッドランドどころかトロ・ロッソとかウィリアムズあたりまで喰って欲しいものです。抜けないハンガロリンクですから、予選でよいポジションをゲットできれば決勝では順位をキープできるでしょう。

亀田のアラレ

TBSに抗議の電話が6万件だとか

まぁあんなことやっちゃえば当然かなという気がします、普通こういうことって、負けた選手の再度がいろいろ抗議するもんですけど、今回は勝った亀田サイドのはずの日本人がみんな首をかしげているんですから面白いですよね。まぁ、自分に言わせればK1がプロレスに学び、ボクシングがK1をマネしたにすぎなくて、今更感タップリですね。強いヒーローを作り上げてボクシング界を活性化しようとしたんですけど、あからさますぎて逆効果だったってことですね。

2006/08/01

スゴイ偶然

こんなこともあるんですね

午後にお世話になっているT氏からお電話を頂きました。用件はお中元を贈ったお礼に土曜日のコンサートのチケットを頂けるということでした。「それじゃあ行きます」って感じでその場は電話を切ったのですが、その電話から1時間後、渋谷駅の東口からタクシーに乗ったその瞬間に、目の前に止まったタクシーから降りてきたのはさっき電話で話をしたT氏でした。スゴイ勢いでその場でT氏にお電話を差し上げたのですが、先方も「えーどこにいたの?」って感じで驚いていました。こんなこともあるんですね(笑)。

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »