« テポドン テポドン | トップページ | 浅草散策 »

2006/07/07

ぼくんち

観月ありさ主演で映画化もされた西原理恵子のマンガ

西原理恵子の作品って大好きでたくさん読んでるんですけど、「恨ミシュラン」とか「できるかな」とか「鳥頭紀行」とかの体当たりレポートものが多くって、「ちくろ幼稚園」とか「ぼくんち」とかって読んだことが無かったんですね。今日、たまたま本屋で「ぼくんち」全3巻を見かけたので速攻で買って読んでみました。小学館の「人生一年生2」で安野モヨコが書き直したストーリーの元ネタがやっと読めた感じですね。西原理恵子の作品って「毎日母さん」とかがそうなんですけど、背景もないたったヒトコマのカットで感情を表現できていてすごいなって思います。「ぼくんち」はそのルーツがかいま見れた感じです。人物とか場所の設定って「これ本当に日本の話?」って思うほどすさんでますけど、これはこの世界観で完結していてすごく涙を誘います。急に映画も見たくなりました。

« テポドン テポドン | トップページ | 浅草散策 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103885/10858865

この記事へのトラックバック一覧です: ぼくんち:

« テポドン テポドン | トップページ | 浅草散策 »