« ぼくんち | トップページ | 本当に怖いテレビ番組 »

2006/07/08

浅草散策

Dscf1728_2

 

久しぶりに浅草に行ってみました

ウチから一番近くの観光地、浅草。感覚的には秋葉原よDscf1781りも近いですよね。押し上げからなら2駅、業平橋からなら1駅ですものね。隅田川越えてすぐですからメッチャ近いです。
さて、そんな浅草ですが、別に観光しにいったわけじゃありません。ロック座にストリップ見に行ったわけでもありません。WINSに馬券買いに行ったんでもありません。一つDscf1790_1は明日からほおずき市なので、混まないウチに冷やかしに行っておこうというのが目的です。去年の今頃は入谷の朝顔市に行っていたんで、ほおずき市行ってませんでした。ただ、混むのがイヤだし、夜来ても呑んでるだけなので、それは避けたかっただけです。もう一つには久しぶりに思い出の花屋敷の様子を見に行ってみたいというのがあったんです。普通の人は浅草といえば浅草寺で、仲見世でって感Dscf1793じなんでしょうけど、自分にとっては花屋敷なんですよね。しかもゲーセン前のステージという超ピンポイント。いろんなことを思い出しますね。その花屋敷がどうなっているのか見に行きたかったんです。雰囲気は変わってないですけど、ステージに一番近かった入り口が閉鎖されていて残念でした。あの柵の向こうにステージがあって、そのステージで(正確にはステージ前で)はいろんなことありましたね。大恩あるP氏に最初に会ったのもココですし、崩壊の序曲もここからでしたね。それにポケットのある衣装だったのがポイントでしたね。証拠の画像がPCの中に残ってたりします(笑)。
さて、一通り花屋敷、六区あたりを歩いてお腹も空いたので、雷門前まで戻って神谷バーに行ってみました。駄菓子バーにいくと良く電気ブランを呑むんですが、ここはその電気ブランの総本山。電気ブランを発明してずっと提供し続けているバーです。今までお店の前を通ったことはあったんですが、電気ブランという名前にピンと来なくていつも通り過ぎちゃってたんですよね。今回、興味があったのでわざわざ寄ってみました。 お店の中はドイツのビアホールみたいな感じですね。お客さんも半分は観光客なのでしょうけど、スゴイにぎわいでほぼ満席でした。入り口のところにレジがあってそこで食券をかってテーブルに着きます。ちょうどバーカウンターの正面だったので、カウンターの上でグラスになみなみとつがれていく電気ブランを眺めることができました。ちなみに、電気ブランと生ビールを交互に飲むのが正式らしいのですが、自分はテキーラサンライズっぽいカクテルの電気サワーをチェイサーに電気ブランを呑んでみました。ちなみに電気ブランを頼むと普通は水のチェイサーが付いてきますが、自分はどんなに強いお酒でもチェイサーを使わないので、電気サワーをチェイサー代わりに呑んでました。ツマミに枝豆を頼んだんですけど、この枝豆が普通の居酒屋で出てくる冷凍ものとかではなく、ちゃんと手でむしった枝豆が出てきて感激しました。混んでたのでさくっと店を後にしてしまいましたが、今度ゆっくりと飲みに来たいです。
久しぶりの浅草探索はたくさん歩き回って、お酒呑んで、感激しました。

« ぼくんち | トップページ | 本当に怖いテレビ番組 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103885/10860646

この記事へのトラックバック一覧です: 浅草散策:

« ぼくんち | トップページ | 本当に怖いテレビ番組 »