« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006/07/30

カツカレーラーメン

060730_17180001すごいボリュームです

日曜の午後にウチでゴロゴロしているのももったいない、しかも外はやっと梅雨が明けて夏晴れだということで、近所の錦糸町・アルカキットまでお昼ご飯を食べに行きました。普通だったら3Fのマックで済ませちゃったりするんですけど、今日は10Fまで足を伸ばしてみました。お好み焼きの「もみの木」も良かったんですけど、そのとなりの「麺二郎」の「カツカレーラーメン」が気になったので、こっちにチャレンジしてみました。写真を見ても分かるように、少し小さめのどんぶりにカツがどっぷり浸かってます。浸かっているのはスープカレーぐらいの薄さのカレースープ。このカツの下に麺が眠ってます。上にはネギと卵まで乗っかってます。スゴイです。これに餃子3個付けたのですが、大食漢の自分でも辛いくらいボリューミーです。それにしてもカレーラーメンは普通にあるというのに、そこにカツを乗せるという発想が自分の中になかったことが驚きです。コロンブスの卵的なラーメンですね。

2006/07/29

たまの休日なのですが

起きたら午後でした

昨日は遅くまで呑んでしまい、朝帰りでした。こうやって呑んで朝帰りする土曜日というのも先週に続いて2週連続なんですが、土曜日に午後まで寝てるとすごく休日を無駄にしたような罪悪感がありますよね。まぁ、今日は隅田川の花火大会でウチからも花火が見えたので、花火を見て今日一日はこれで今日一日の充足感を満足させました。

2006/07/28

いよいよSA06

デビュー戦ですね

今からwktkです。デフォルトでミッドランドは喰えるくらい速いと良いなって感じがします。多分、まだシェイクダウンしたてのマシンですからフリー走行の間は無理しないんでしょうけど、予選でミッドランドより上に行って、決勝はトロロッソを抜いてというのが理想ですね。初期状態なのでトラブルでリタイヤするかも知れないですけど、バーレーンで初完走したのがあるから、期待しちゃいますよね。

2006/07/26

エキサイトシート

知り合いに誘われて東京ドームのエキサイトシート060726_19550001

で巨人-広島戦を観戦しました。たしかにグランドレベルで迫力ありま すね。普通はグランドとスタンドの間にあるネットが、エキサイトシートの場合はシートの後ろにあるんですね。ファールボールがバンバン飛んでくるような席です。座席にヘルメットとグローブが備え付けてありました。そんなエキサイトシートなので試合前のバッティング練習とかを楽しみにしていて、会社を半休するつもりだったんですが、会議を入れられ、ドームに付いた頃には1回が終わってました。残念。試合は上原相手に佐々岡が打ち込まれて3本のホームランで5点とられてたときには負けを覚悟していたので、終わってみたら1点差というのはかなり良かったですね。特に栗原のホームランが頭上を飛んでいったのはかなり迫力がありました。

元祖餃子舗 ミンミン

錦糸町アルカイーストの地下のお店です060725_22340001

たまたま夕飯を食べようと思いつつ錦糸町まで帰ってきてしまったので、いままで入ったことのないお店で食べようと思って、以前から気になっていたこのお店に入りました。ショーウィンドウにある大皿に円形に盛りつけられた餃子がすごく気になっていたんですよね。で、宇都宮の同名のお店みたいに餃子専門店かと思って入ったのですが、麺類もある普通の中華料理屋さんでしたね。メニューから餃子とパーコー麺をチョイスしてオーダーしました。うーん、ココの餃子はパリっというよりモチって感じですが、こんなものなんですかね。パーコー麺は麺が細麺で、揚げた豚肉も少しスジっぽかったです。うーん、このお店的にはこういうメニューなのかも知れませんが、少し期待と違いました。残念。

2006/07/24

欽ちゃん球団

すごいドタバタでしたね

結局、解散はなしですか。でも、今年のスポーツ界で一番ファンが団結したのがこの話題だったんじゃないでしょうかね。WBCよりもW杯よりもトリノオリンピックよりも、そんな気がします。それにしても野球はやっぱり面白いですね。今日もオールスターやってましたけど、熱かったですね。今年はプロ野球をたくさん見に行くと決めていたので、本当なら神宮のオールスター第1戦も行きたかったぐらいです。仕事が一段落したら近くの草野球チーム探してみましょうか。

2006/07/22

久しぶりの「集」

金曜日の夜になるとY氏から呼び出しがかかりますが060722_01270001

ここのところ新宿とか池袋で呑んでることが多いです。今日は趣向を変えて、久しぶりに馬喰町の笑笑に集合。夜中の0時半に(笑)。このお店来るのって半年ぶりくらいですかね。前は隔週で金曜の夜といえばココだった気がするのですが、最近はご無沙汰ですね。そもそもモンテローザ系で呑むことが少なくなっている気がします。写真はスパークリングワインとぼんじり揚げです。スパークリングワインって最近好きでよく飲むんですけど、これを頼むと魚系のフードが頼めないんですよね。でも、夏バテしないためにはスパークリングワインがよいそうです。

2006/07/20

9/9

ええ、またも中止でしたよ。

そんなときはF1の話題ですね。実は今日は待ちに待ったSAF1の新車SA06がシルバーストーンでシェークダウンテストをやる日なんですね。参戦決定から急ごしらえでARROWS A23を改造したSA05でこれまで参戦していて、琢磨やモンタニーがキレた走りを見せながらも速度差はいかんともしがたく、毎回完走が目標で、お世辞にもコンペティティブとはいえなかった状態でした。しかし、ついに待望の2006年型マシンSA06がお目見えしたんですね。海外のニュースサイトなんかは夕方から激重でしたけど、自分もなんとかニューマシンを拝むことができました。モノコックはA23を使っているとはいいつつ、外観はA23ともSA05とも全く違うマシンになるとはいわれてましたが、これはたしかに今までとは別次元のマシンですね。フロントウィングなんかはまだSA05のままですけど、それ以外は本当にモノコックを流用しているのかと思うほど印象が違いますね。そういえば初めてフェラーリのF2002を見たときに異常にセクシーな曲線美に衝撃を受けましたが、それに似たような衝撃がこのマシンのファーストインプレッションにはあります。琢磨がA23のモノコックはその設計思想が非情に良くできているといってましたが、納得です。モタスポ版のアグリスレッドでもこのマシンの話題で持ちきりですが、「A23=プロトタイプ、SA05=MS-05旧ザク、今日のSA06=MS-06ザクⅡ、トルコGP以降の完パケSA06=ジョニーライデン専用ザク」っていう意見がすごく言い得て妙だなと思いました。次戦ドイツGPは左近のデビューもあって大注目ですね。フランスみたいにトラブルが出ないことを祈ります。

2006/07/18

8/9

ええ、中止でしたよ。

神宮って外野席が広くて、見やすくて好きなんで、楽しみにしてたんですよね。仕事ハンドンにして駆けつけるはずだったのに…。まぁ、敵地9連戦で苦しかったことを考えると、まぁ休めて後半戦勝てば良いかなって気もします。秋の代替ゲームをゆっくりと見るのもありかなという気もします。
カープといえば芸能人にも熱狂的ファンが多いです。有名なところでは奥田民生・久米宏・筑紫哲也・アンガールズ・CHEMISTRYの堂珍・風見慎吾などなど。そのなかでも比較的最近有名ファンだった極楽とんぼの山本圭壱が問題を起こしましたね。あーこの人はもう広島ファンとして球場には来れないでしょうね。

2006/07/17

7/9

ぼくらのカープは敵地9連戦の7戦目

今日から神宮でヤクルト戦。神宮はハマスタより外野席が広くて見やすい上に、ビールや食べ物が多くてお気に入りだったりするんですが、あいにくの雨。広島打線も湿りまくりなうえに、先発の佐々岡が大雨の中で1人だけ炎上。センター緒方が昨日に続いてエラーと良いことなしだったので6回ぐらいに帰ってきてしまいました。相手がノーヒッターのガトームソンといえ、あれでは勝てません。
で、神宮に行く前は三鷹で知り合いの出る舞台を見てました。「Office PEACE MAKER 第8回公演 PTSD2~微睡みの烙印~」という舞台です。お付き合いでいろいろ舞台を見に行くことがありますが、これは面白かったですね。かなりブラックでしたけど、その分笑いも入っていて、その落差が良かったです。カーテンコールもありがちな感じでなく、映画チックで良かったです。本当は差し入れ持っていこうと思ったんですけど、寝坊して開演ギリギリになってしまったのが残念でした。

2006/07/16

6/9

ぼくらのカープは敵地9連戦の6戦目、自身は5連戦の2戦目Dscf1880

今日もハマスタで横浜戦でございます。今日は横浜大花火大会があって、3塁側のスタンド上段が絶好の花火ポイントだということで、カープファン以外にも多くの人がいましたね。カップルと家族連れが多かったです。花火大会も良いのですが、カープファンとしては花火大会よりも魅力的なのが、高木・加藤・屋敷の太洋スーパーカートリオvs川口・達川のセリーグ奪三振王バッテリーの盗塁対決。川口と達川のユニフォーム姿が懐かしいですね。盗塁対決は高木が盗塁アウト、加藤が牽制アウト、屋敷が盗塁成功でした。スコアボードも当時のナインが再現される小粋な演出が良かったです。
さてさて、試合は昨日に引き続きローテーションの谷間ということで先発が広池。ただ、広池もその後投げたフェリシアーノもロマノも良かったですね。2点とられましたけど、センター緒方のエラーで点が入ってるんで、ピッチャーは良かったです。で、今日も負けかーと思った瞬間に代打の嶋がホームランで追いつき、前田のホームランで逆転と良い形で勝てました。非常によいゲームでした。

2006/07/15

5/9

ぼくらのカープは敵地9連戦のまっただ中060715_16040001_1

で、今日が5戦目の横浜スタジアム。昨日の試合は倉のパスボールという非常にくだらない負け方をしたので、今日は活を入れて勝ちに行きたかったんですね。自分も気合いは入りまくりで、試合開始の1時間半前にはハマスタの入場口に並んでました。いくらなんでも早すぎでしたね。16:00に開門したあとは内野自由席の2段目に陣取りました。ホームベースからは少し遠いですけど、ポール際の方が外野に近くてスクワットしやすかったからこっちにしました。  でも、先発バッテリーが大島-上村と聞いてちょっとショック。敵地9連戦で台所事情が苦しくて、ローテーションの谷間なのも分かりますけど、なんで経験の浅い大島にこれまた倉でも石原でもなく経験の浅い上村を組ませたんでしょうね。明らかに采配ミスですな。それでやはり大島が四球だしまくりで試合を作れずに負けてしまいました。まぁ、前田・栗原・新井のホームランを間近で見られただけでも今日は良しとしますか。

2006/07/14

本当に怖いテレビ番組

珍しくテレビ番組の話題。

午前中にたまたまNHKを見てたんですが、「みんなのうた」で「誰も知らない」という歌をやってました。かなり古い歌の再放送なのですが、黒に近いグレーをバックにカクカクのアニメーションが動くというかなりシュールな映像です。もともと「みんなのうた」といえば「コンピューターおばあちゃん」とか「スシ食いねェ!」とか「ラジャ・マハラジャ」とかシュールな曲が多いのですが、「誰も知らない」は見る人によってはかなりの恐怖を覚える映像だとおもいます。同じNHKで地震とかの際に流れる「ピロピロ」という緊急警報放送の警報音もけっこう恐怖を感じます。
恐怖を覚えるテレビ番組といえば「明日の犠牲者」 という都市伝説がありますね。夜中に臨時放送としてゴミ処理場の遠影が映っていて、スタッフロールのように人名のテロップが延々と表示される。そのなかになぜか自分の名前もある。そして番組の最後に「明日の犠牲者はこの方々です、おやすみなさい。」とアナウンスされるという話ですね。これは都市伝説特有の胡散臭さと怖さがありますが、これはあくまでも都市伝説。怖さレベルとしてはNHK放送終了時の「日の丸」ぐらいですね。ちなみに西原理恵子の著書によると、タイでは「本日の死体」というテレビ番組が実在したそうです。
実在したテレビ番組のなかで自分がもっとも怖かったのは「終戦50周年記念番組 尋ね人の時間」です。これは蓮乳画像くらいトラウマになる、怖い番組でした。1995年の夏に、テレビ朝日が深夜1:00か2:00からやっていた番組なのですが、戦争中に行方不明なった人たちを捜すために呼びかけるという内容です。「○○市に住む××さんが、◆◆駅で出征のために汽車に乗ろうとしていた時に、花を渡してくれた女性を探しています。 」とか「南方戦線の◆◆方面で怪我の手当をしてくださった○○連隊の××隊長の行方を捜してます。お心当たりのある方は尋ね人の時間まで。」といった内容を白黒写真や似顔絵をバックに声の低い男性が淡々とナレーションをかぶせていきます。その無機質さが異常に怖かったです。当時、大学生で夜更かし当たり前だったので、怖いもの見たさで時々見てましたけど、あれは本当に怖かったです。制作側は別に怖がらせるつもりで作っていたわけじゃないでしょうけど、稲川淳二の怪談とか「あなたの知らない世界」よりよっぽど怖かったです。

2006/07/08

浅草散策

Dscf1728_2

 

久しぶりに浅草に行ってみました

ウチから一番近くの観光地、浅草。感覚的には秋葉原よDscf1781りも近いですよね。押し上げからなら2駅、業平橋からなら1駅ですものね。隅田川越えてすぐですからメッチャ近いです。
さて、そんな浅草ですが、別に観光しにいったわけじゃありません。ロック座にストリップ見に行ったわけでもありません。WINSに馬券買いに行ったんでもありません。一つDscf1790_1は明日からほおずき市なので、混まないウチに冷やかしに行っておこうというのが目的です。去年の今頃は入谷の朝顔市に行っていたんで、ほおずき市行ってませんでした。ただ、混むのがイヤだし、夜来ても呑んでるだけなので、それは避けたかっただけです。もう一つには久しぶりに思い出の花屋敷の様子を見に行ってみたいというのがあったんです。普通の人は浅草といえば浅草寺で、仲見世でって感Dscf1793じなんでしょうけど、自分にとっては花屋敷なんですよね。しかもゲーセン前のステージという超ピンポイント。いろんなことを思い出しますね。その花屋敷がどうなっているのか見に行きたかったんです。雰囲気は変わってないですけど、ステージに一番近かった入り口が閉鎖されていて残念でした。あの柵の向こうにステージがあって、そのステージで(正確にはステージ前で)はいろんなことありましたね。大恩あるP氏に最初に会ったのもココですし、崩壊の序曲もここからでしたね。それにポケットのある衣装だったのがポイントでしたね。証拠の画像がPCの中に残ってたりします(笑)。
さて、一通り花屋敷、六区あたりを歩いてお腹も空いたので、雷門前まで戻って神谷バーに行ってみました。駄菓子バーにいくと良く電気ブランを呑むんですが、ここはその電気ブランの総本山。電気ブランを発明してずっと提供し続けているバーです。今までお店の前を通ったことはあったんですが、電気ブランという名前にピンと来なくていつも通り過ぎちゃってたんですよね。今回、興味があったのでわざわざ寄ってみました。 お店の中はドイツのビアホールみたいな感じですね。お客さんも半分は観光客なのでしょうけど、スゴイにぎわいでほぼ満席でした。入り口のところにレジがあってそこで食券をかってテーブルに着きます。ちょうどバーカウンターの正面だったので、カウンターの上でグラスになみなみとつがれていく電気ブランを眺めることができました。ちなみに、電気ブランと生ビールを交互に飲むのが正式らしいのですが、自分はテキーラサンライズっぽいカクテルの電気サワーをチェイサーに電気ブランを呑んでみました。ちなみに電気ブランを頼むと普通は水のチェイサーが付いてきますが、自分はどんなに強いお酒でもチェイサーを使わないので、電気サワーをチェイサー代わりに呑んでました。ツマミに枝豆を頼んだんですけど、この枝豆が普通の居酒屋で出てくる冷凍ものとかではなく、ちゃんと手でむしった枝豆が出てきて感激しました。混んでたのでさくっと店を後にしてしまいましたが、今度ゆっくりと飲みに来たいです。
久しぶりの浅草探索はたくさん歩き回って、お酒呑んで、感激しました。

2006/07/07

ぼくんち

観月ありさ主演で映画化もされた西原理恵子のマンガ

西原理恵子の作品って大好きでたくさん読んでるんですけど、「恨ミシュラン」とか「できるかな」とか「鳥頭紀行」とかの体当たりレポートものが多くって、「ちくろ幼稚園」とか「ぼくんち」とかって読んだことが無かったんですね。今日、たまたま本屋で「ぼくんち」全3巻を見かけたので速攻で買って読んでみました。小学館の「人生一年生2」で安野モヨコが書き直したストーリーの元ネタがやっと読めた感じですね。西原理恵子の作品って「毎日母さん」とかがそうなんですけど、背景もないたったヒトコマのカットで感情を表現できていてすごいなって思います。「ぼくんち」はそのルーツがかいま見れた感じです。人物とか場所の設定って「これ本当に日本の話?」って思うほどすさんでますけど、これはこの世界観で完結していてすごく涙を誘います。急に映画も見たくなりました。

2006/07/06

テポドン テポドン

ついに撃っちゃいましたね

昨日、どうも夢見が悪く目が繰り返し覚めると思ったら、明け方に大変なことになってましたね。テポドン2とノドン合わせてミサイル7発ですか。10発とか12発なんて情報もありますね。2週間前からテポドン2が撃たれるんじゃないかということで、やいのやいのと騒いでましたが、まさか大小合わせて7発以上とは、どこにそんなお金があるんでしょうかね。で、テポドン2は失敗だったそうですが、問題は一度にこれだけ多くのミサイルが発射されたことでしょうね。外交カードとして使うのならテポドン2一発だけで十分なわけで、その前後にバカスカ撃つ必要はないんですよね。下手したら他国から攻撃されるリスクもあるわけですから。それにテポドン1の時は1発だったので人工衛星なんて言い訳ができましたけど、今回は人工衛星とは言えないでしょうね。自分はテポドン2よりもこれだけの数のミサイルが一度に撃たれて、しかもまったく警戒できていなかったことが問題なんだと思いますよ。湾岸戦争の時にイラクがイスラエルに向けてスカッドをいくつも発射しましたけど、撃ってる側としては戦争中のイラクと同じぐらい追いつめられているのかも知れませんね。大変なことだと思います。

2006/07/05

またまたF1のお話

北米ラウンドも終わって

来年のお話が盛り上がりを見せてきてますね。どうやらシューマッハとマッサはフェラーリ残留、ルノーはフィジケラとライコネン、マクラーレンはアロンソとハミルトンというあたりがほぼ決まりですね。あとはトヨタのトゥルーリ、レッドブルのクルサード、スーパーアグリの琢磨、BMWのハイドフェルドあたりは決まりでしょう。ホンダのバトンとバリチェロ、ココはまだ予断を許さないですね。逆に決まってないor移籍予想なのがラルフとモントーヤですか。ラルフはレッドブル、モントーヤはウィリアムズかレッドブル、さもなければアメリカなんて話になってます。ヴィルヌーブもアメリカ行きなんて噂がありますね。ドライバーもいろいろ動いてますが、エンジンも動いてますね。ウィリアムズはレクサスブランドでトヨタ、レッドブルとトロ・ロッソはフェラーリかコスワースかルノー。ミッドランドはルノーかコスワースかメルセデスなんて話が出てますね。フィジケラのルノー残留が決まった以上、ブリアトーレの秘蔵っ子コバライネンのシートがないので、ルノーがエンジンをカスタマー供給してコバライネンを押し込むらしいのですが、その先がレッドブルかミッドランドといわれてます。日産バッチでスーパーアグリというウルトラCな噂もありますけど、これはないでしょう。でも、ミッドランドがコスワースでもルノーでもなく、メルセデスエンジンを搭載するとしたら、それはすなわちマクラーレンJr.のディレクシブということになるのでしょうね。ミッドランドはチームを売却するかどうかの瀬戸際といわれてますが、売却先がオランダのロストボーイズかディレクシブかが興味ありますね。

2006/07/04

F1アメリカGP

久しぶりのフェラーリ圧勝でしたね。

ブリヂストンのタイヤが良かったみたいですね。それにしても、琢磨またやってしまいましたね。「あ~またやっちゃった」っていうのが率直な感想なんですけど。画面を通して見た限りは、モンテイロがミラーを見ずにコーナーに進入して、ステアリングきったところに琢磨がノーズを入れてしまったという感じですね。04年のホッケンハイムでバリチェロと接触したときと同じですね。調子良かっただけに残念です。

2006/07/03

お好み焼き ゆかり

秋葉原UDXにある関西風お好み焼きです 060702_11260001_1

明け方までF1の予選を見て、8:30起床で秋葉原へ。大恩あるH氏がAKB48の整理券取りを手伝って欲しいと言うことで昼飯を条件に引き受けました。その昼飯(正確には朝飯)を秋葉原UDXにある関西風お好み焼き屋「ゆかり」で食べました。久々に関西風のふわふわなお好み焼き食べましたね。マヨネーズたっぷりで美味しかったです。

2006/07/01

そろそろ徹夜がキツイ

年頃になってきました。

金曜日の夜、0:30に新宿駅東南口でY氏と待ち合わせ。東口のやぐら茶屋で夏旅行の打ち合わせ。まぁ、今回は広島なんで、天気さえ良ければ迷ったりすることもなく楽勝でしょ。1日目は羽田から広島に飛行機移動して、広島新幹線口にリムジンバスで到着。高砂○かみっちゃんで昼ご飯食べて、電車で市内観光。夕方から市民球場で阪神戦。2日目は宮島・岩国を観光して、夕方から市民球場。3日目は呉・尾道を観光して飛行機で帰京。Y氏の都合に合われるとこんな感じでしょう。たのしみだす。それにしても徹夜は辛い。

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »