« まだ月曜日 | トップページ | 山口県岩国市 »

2006/03/15

紙テープ

といわれてピンと来る人も少ないでしょうが

ピンと来たらコアな人です。
今日、ひょんなことから紙テープの話題になったんですが、紙テープといえば一家言持ってますよ。一家言どころか紙テープ巻きのライセンス持ってましたから。プロレス会場でよく見かける紙テープですが、これは文房具屋さんで売られている紙テープをそのまま投げているわけではなく、必ず芯を抜いて巻き直しています。そうしないと、芯が当たるとリング上の選手がけがをしますし、第一、投げてもきれいな広がりをもって飛んでいきません。それから、投げるときは45度の確度で投げて、投げきらなければいけません。よくテープの端を握ったまま投げる人がいますが、テープの端は独自の空気抵抗を持っていますので、自然に伸びながら(解けながら)飛んでいきます。自分は某団体の衰退をともに後楽園ホールにも通わなくなってしまいましたが、全女の流れをくむ紙テープは後世に残したい職人芸ですね。

« まだ月曜日 | トップページ | 山口県岩国市 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103885/9094792

この記事へのトラックバック一覧です: 紙テープ:

« まだ月曜日 | トップページ | 山口県岩国市 »